The following two tabs change content below.
Yuji
Yuji
トラベルライター・移動のプロフェッショナル。
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら

優雅に過ごすためのホテルや持ち物の3つのコツ!

今回は~アミダでペアになった人のブログに寄稿しよう~という企画で「Yujiのフライトログ」へ寄稿させて頂きます。

寄稿にあたりJALファーストクラスで賢く優雅に旅するYujiさんから「家族旅行について書いて欲しい」とテーマをいただきました。

 

『将来のためなのか?』

 

彼のためにも

『ギャーギャーうるさい5歳児のいる家族が、優雅に沖縄旅行を満喫してるよ』

半ば、自慢も入りつつ、独身男性に『はよ、結婚しなされ!』
というメッセージも込めて、お伝えするのです。

 

なぜ、沖縄なのか?

 

実は、子供が産まれる前から沖縄旅行のリピーター♪

 

日本なのに、海外気分

日本語は通じるし、食べ物の心配ないし♪

東京のビル街の中にいると、海を観ながらボぉーとしたくなるものです。

 

ということで、沖縄大好きびなっち

ファーストクラスの優雅な旅にこだわるYujiさんに将来のための家族旅行のこと、お伝えします!

スポンサーリンク


びなっち子連れ、優雅に過ごす沖縄旅行

優雅ポイント① 沖縄旅行 連泊するなら1つのホテル

沖縄旅行といえば、まずは、本島に上陸!

沖縄の面積は?

約2281平方キロメートルで、香川(かがわ)県、大阪府、東京都についで4番目に小さい県です。

「南北に長い広大な面積!? 那覇空港は、最南端でしょ?」

 

人気の沖縄観光スポット

美ら海水族館

 

これがまた、ほぼ、最北端に位置します。

 

そして、沖縄旅行なら、”連泊”しますよね。

 

観光地を巡るために、移動時間を短縮しようと、複数のホテルに泊まること考えていませんか?

 

ちょっとまった!

 

家族旅行で2泊以上するなら、一つのホテルにしましょう。

 

荷物移動のために、朝からバタバタ1時間が無駄になります。

 

旅行前のパッキング方法のコツは、あるものの、

子供は洋服を汚すわ、旅先でもおもちゃを買うわ、

想定通りなんて、行きません。

 

ホテルごとに、荷物の出し入れしている時間、移動で次の目的地にワクワクする時間

どっちが、優雅な旅行だと思いますか?

 

だから、家族旅行2泊以上の場合には、一つの宿泊先と決めています!

 

優雅ポイント② 家族旅行 持ち物リスト

子供がいると、あれやこれや、荷物が本当に多くなります。

 

沖縄旅行は、基本3泊以上なので、荷物をスーツケースに入れます。

 

そのスーツケース、事前にホテルへ発送しているのです。

 

これは、旦那さんの強い希望。

 

飛行機搭乗前の荷物を預ける手間と着陸後の荷物を受け取る時間が、スマートじゃないから。

 

そして、大きな荷物は、旦那さんが持ち運びするから。

 

夏なのになぜ、荷物が多くなるの?

 

夏だから、Tシャツ1枚!?

 

軽装のはず?

 

しかし、子供との3連泊ともなれば、スーツケースがパンパンになります(笑)

 

ホテルに送るスーツケースの持ち物とは?

■ 着替え

・滞在日数分の着替え+子供2日分、大人1日分

・数日分のパジャマ

・滞在日数分の下着(オムツ+1日分)

・滞在分のハンドタオル

・靴1足分ずつ

・汚れ入り袋

 

※泊まるホテルによっては、コインランドリーが大活躍!

滞在日数分だけでOK!荷物を減らすことができます!

 

■ 遊び道具

・水着

・浮き輪類

・ビーチサンダル

・ボタンのついたラップタオル(子供用)

 

■ サニタリー

・歯磨き粉・歯ブラシ

・子供用のボディーソープ・シャンプー・リンス(大人と兼用)

・ママ用のシャンプー・トリートメント・化粧品類(小分けしたもの)

・(1歳児の時は、「おしりふき」)

航空搭載できない危険物として”化粧品など”が扱われることがあります。

パッキングの時に注意しましょう!

参考:クロネコヤマトホームページ http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/preparations/inability/

 

■ 食べ物

・小分けしているお菓子(コンビニで見つけられないこともあるので)

 

なんだか、あれもこれも、荷物が増えがちです。

 

機内持ち込み(手持ち)する荷物とは?

■ 着替え

・子供用の上下一式・下着

・ビニール袋・レジ袋(汚れ物だけじゃなく、他でも利用か)

 

■ 健康面

・子供の保険証(大人は、各自財布に入れて置くとこが多いので)

・虫除け

・虫刺され用の薬(ムヒなど)

 

■ サニタリー

・ウエットティッシュ

・保湿クリーム

・日焼け止め

・ドライヤー(ホテルのだと風量など乾きにくいため)

 

■ (離乳食を卒業)1歳のときの沖縄旅行で役立ったもの

・ヌードルカッター

・フォーク・スプーン

・ストロー

・ハンドタオル数枚(スタイ代わり)

 

あとは、沖縄本島であれば、コンビニがたくさんあります。

 

荷物を増やさず、現地調達もいいかもしれません。

 

優雅ポイント③ ホテルの選び方

「美ら海水族館」など人気の観光スポットに行くのも、良いですが・・・

 

子供の好きなものなんだと思いますか?

 

水!

 

ウォーター!!

 

海やプール、パシャパシャするだけで、満面な笑顔♪

 

どこかの観光地に行くより、

ホテルで、子供向けのアクティビティを利用し遊びましょう!

 

ずっと、海に入っていると日焼けも気になるので、アクティビティがあると便利です。

 

また、手荷物を少なくしたい、ベピーベットやベビーカーなどレンタル情報もチェックしましょうね。

 

泊まって良かった宿泊先ベスト3

第3位 カヌチャリゾート カヌチャベイホテル&ヴィラズ

『カヌチャオーシャンパーク』は小学生から大人まで

『ウォーターキッズガーデン』は0歳から楽しめます。

ゴルフ好きなら、夕方からのパターゴルフで沈む夕日を見ながらが素敵な時間です。

※ワンちゃんと泊まれるホテルです♫

※キッズサービスはコチラ → https://www.kanucha.jp/feature/baby

※(注意点)近隣に食事やショッピングなどがありません。

 

 

第2位 ザ・ビーチタワー沖縄

観光人気スポットの美浜アメリカンビレッジが徒歩圏内。

☆オールシーズン楽しめる特典☆

隣接した温泉施設が、あります! 宿泊客の特典で、無料で滞在中は入ることができますよ。

水着着用で入れる温泉プールもあるので、めっちゃ、楽しめますよ!

※ワンちゃんと泊まれるホテルです♫

※キッズサービスはコチラ →http://www.hotespa.net/hotels/okinawa/kids/

 

第1位 ルネッサンスリゾート オキナワ

キッズアクティビティの面白さが、めっちゃあります!

 

トレジャーハンティング、ワクワクが止まらない!

※キッズサービスはコチラ https://renaissance-okinawa.com/kids-family/

 

子供と過ごすのに快適だったので、

2017年夏休み!「ルネッサンスリゾート オキナワ」に行ってきます!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

沖縄旅行では、ホテル選びは重要です。

 

あちこち、レンタカーで移動すると、子供は不機嫌になりますから。

 

でも、海やプールで遊べたら、それだけでテンション上がります。

 

観光地を巡るより、ホテルでキッズアクティビティを楽しむ旅の思い出にしたらいいと思います!

 

そして、Yujiさんは赤のJAL、びなっちは青のANA。

 

ANAの良いところもたくさんありますが、このYujiさん記事を読んでいると

「JALでマイル貯めようかな・・・」と浮気心が(笑)

 

優雅なJALの旅をするなら、Yujiさん記事を是非、参考にしてください!

 

それでは、沖縄の楽しい旅行になりますように!

 

アデュー

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 


びなっちさん、ありがとうございました!

個人旅行の多いYujiにとって荷造り等は色々と勉強させて頂く事が多かったです!

ご家族で旅行を検討されている方や将来の私(笑)に是非役立てればと思います。

今回は家族旅行をテーマに記事を書いて頂きましたが、普段はネットで起業をされている女性起業家さんです!

将来起業を計画しているそこの貴女!びなっちさんのブログを参考にしてみてはいかがでしょうか?