The following two tabs change content below.
Yuji
Yuji
トラベルライター・移動のプロフェッショナル。
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら

この1ヶ月間、空港到着に余裕を持つべし!

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

まもなく計画されているJAL予約システムの変更作業。JAL側もシステムトラブルを避けるため、綿密な計画を立てて準備を行っているようです。

公式HPにもサービス変更と一時停止されるサービスがが発表されています。

中をよく読むと、サービス停止はシステム変更の2日間以降も暫くの間停止されるサービスが提示されていますので今回はこちらを紹介していきます。

スポンサーリンク

システム変更は11月15日夜~16日朝にかけて

※JAL公式HPより

今回のシステム変更は、JALの予約システムを「アマデウス アルテア」というサービスシステムに移行するためのモノ。

11月15日の19時から11月16日の8時まではシステム移行手続きのため、JAL公式ホームページ・JAL予約センター・空港カウンター・旅行会社などすべての窓口で航空券の予約・購入などすべての手続きが出来ません。

システムを完全停止するため、予約に関する事が全くできなくなる模様です。

なお15日・16日の停止期間中に出発する便の利用者で手続きが必要な方は、出発空港のカウンターにて手続きを行う事になります。

恐らくシステムを利用しない手作業での確認になると思われますので、手続きには普段以上の時間がかかると思われます。事前に手続きが済ませられる方は手続きを済ませていく事を強くお勧めします。

 

システム変更が完了後も一時的停止するサービスが…

システム変更に伴い、全機能が停止するだけでなく国際線においては最大1か月間一部サービスの停止も発表されています。

主なサービス停止は以下のとおりです。

・コンビニ/ATM/インターネット振り込みでの支払い…11/16まで

出発48時間前を切った事前座席指定…出発空港により最長約1ヶ月

・ホームページ/スマートフォンサイトでの予約変更・取り消し・払戻し…11/16まで

Webチェックイン…11/15まで全空港/16日以降出発空港により最長約1ヶ月

チェックインカウンター/自動チェックイン機の利用…羽田空港11/16~19・成田空港11/16~26

⇒対象期間中は出発便・時間帯により利用可能なカウンターに変更あり

・自動チェックイン機によるeチケットの発券…出発空港により最長約1ヶ月

国際線から国内線・国際線への乗継航空券のチェックイン…出発空港により最長約1ヶ月

 

我々利用者にとって特に厄介なものを太字にて表しています。

ヘビーユーザーが多用するWebチェックインは出発空港により利用不可の期間が最大1か月間、国際線から乗継便の国内・国際線のチェックインに関しても最長1ヶ月間利用出来ないという状態が続くとの事。

そして出発48時間前からの事前座席指定もHP・電話などを含めて利用不可になります。

座席指定が出来ていない方は当日空港にて行うしかありませんのでこちらの場合でも早めの到着そしてチェックインをお勧めします。

 

空港ごとの国際線旅客サービスシステム移行スケジュールは、羽田空港の一部出発便が11/17からサービス再開するのを皮切りに、成田・関西・名古屋・海外空港と少しずつ移行手続きが進むと発表されています。

全ての空港で移行が完了するのは12/13、最長1か月間の間は手続きなどに一定の制限がかかりますので十分注意が必要です。

システム移行後のサービス変更にも要注意!

今回のシステム移行により取扱が変更となる運賃規則・サービスも多々あります。

国内線では、FDA(フジドリームエアラインズ)・AMX(天草エアライン)等のコードシェア便でのスルーチェックインサービスが終了、今後は各航空会社にて搭乗手続きが必要となります。

国際線ではWebチェックインの開始時刻が搭乗便の72時間前から24時間前に変更。

 

空港カウンターでのチェックイン締め切り時刻も便出発の60分前に統一されます。

これによりファーストクラス・ビジネスクラスのチェックイン締め切りが15分早くなる事に…

この15分の短縮によって分刻みで移動されているビジネスマンが飛行機に乗る事が出来ないという悲惨な結果を生まなければ良いのですが…とても心配です。

スポンサーリンク

最後にもう一度注意喚起:暫く早めの空港到着が吉!!

今回はシステム移行に伴う、サービス停止について注意喚起を込めて記事にしました。

JAL側でもシステムトラブルを発生させないため綿密な計画のもと今夜から移行手続きが始まります。

この1ヶ月でJAL便の搭乗を予定している方は是非一読頂いて、当日搭乗時に知らなかった・乗れなかったということにならないよう注意してください!

そして、新しい旅客サービスシステムがどのようなものになるのか楽しみにしながら明日のシステム移行後のホームページを開きたいと思います♪