トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

【他言無用】繁忙期に席を取るなら朝!!Uターンラッシュでも座って帰る裏ワザ紹介

 
  2018/01/03
Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

超繁忙期を乗り切る技をあなたは知っていますか?

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

いよいよ明日に迫ったUターンラッシュピーク。

皆さんはどのような対策を取られているのでしょうか?

もう指定券を確保している方、自由席ですし詰め覚悟の方、諦めて日付をずらす賢い方。様々な思惑が入り混じった1/3が間もなくやってこようとしています。

今回は最繁忙期でも座席を確保してゆったりと帰れる方法をこのページを見に来られた方だけに内緒でお伝えします。

いづれも簡単で誰でも利用する事が可能ですので、是非試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

とにかく始発列車を選ぼう!!

まず自由席に乗車する上で、一番空いている列車はどれでしょう?

それは、始発列車

車庫から始発駅まで回送されて来ているので、自由席でも乗車しているお客様はゼロです。

始発列車がある駅(博多・岡山・新大阪・名古屋)は始発列車を選んで自由席を選びましょう。

特に新大阪からの上り(名古屋・東京方面)の始発のぞみ号は200番台・300番台・400番台の列車番号が割り振られています。

ちなみに一桁や二桁は博多から、100番台は岡山・広島(一部延長運転あり)等の山陽新幹線直通列車に割り振られています。

新大阪駅改札口前の電光掲示板には親切に「当駅始発」の表記もありますので、それを目印に自由席の列に並ばれる事をお勧めします。

 

乗車口で並ぶのは偶数号車の博多寄りがベスト!

東海道新幹線の座席数は各編成全て一定に合わせられ、16両編成1323席用意されています。

のぞみ号の場合、座席区分はグリーン車200席、普通車1123席(うち自由席250席)です。

しかし、各号車同じ数の座席が用意されている訳ではありません!

先頭車両には空気抵抗を減らすために流線形の顔や運転台がありますし、その他の車両にもデッキにはトイレや喫煙ルームが設置されています。

のぞみ号の自由席で一番席数が多いのは2号車!席数は100席あります。

そのため、自由席利用で並ばれている方が多くても2号車が一番多く座れる確率が上がります。

ただしこの話は有名になりすぎている話ですので、多くの方が2号車に並ばれている事が多々あります。

実際のところ座席を確保しやすいのは階段・エスカレーターから一番遠い1号車であるときもよくありますので、2号車の博多より(1号車より)に並ばれる事をお勧めします。

前後の様子を見て1号車や3号車の列に並ぶという判断も席に座れるチャンスが大きくなることもありますよ!

 

無理してのぞみに乗らないで!ひかり・こだまなら着席チャンス拡大も!

東海道新幹線で大阪=東京を利用するなら「のぞみ」!というイメージが染みついていると思いますが、最繁忙期は「ひかり」・「こだま」の利用も検討に入れてみましょう。

ひかり号の自由席は1号車~5号車、こだま号の自由席は1号車~7号車・13号車~15号車と多くの自由席が設定されています。

新大阪=東京間のひかり号の所要時間は約3時間、こだま号の所要時間は約4時間です。

のぞみ号と比較してひかり号で+30分、こだま号で+1時間30分とひかりであればそこまで気にならない時間になっています。

また、新大阪=名古屋間であればこだま号でも+15分程度の約1時間の所要時間になりますので是非こだま号での利用を検討してみてください!

奥さん・お子さんは別日に利用を!!

今回のUターンラッシュも3日に集中した大混雑が予想されています。

仮に座れたとしても、混雑必死な車内ではトイレにも行けない2時間30分が待っています。

我々大人でも辛い時間なのにお子さんが我慢できるでしょうか?

どうしても仕事で帰らないといけない企業戦士は仕方がありませんが、冬休みが続くお子さんや専業主婦の方は是非3日は避けてUターンされる事を強く強くお勧めします!!

大きな荷物は3日のうちに宅配便で送り、旦那さんだけ仕事へと送り出しましょうw

私も送り出される側ですが、旦那さんも奥様のご機嫌を取りながらすし詰め新幹線に乗らないといけない苦行よりはまだマシだと思ってバラバラで帰る選択も考えてみてはいかがでしょうか?

 

【裏ワザ】当日指定席が確保できるのは朝一!!

実は、当日指定席を確保できる時間があるのをご存知でしょうか?

それは、午前4時~5時30分です。

これは超繁忙期シーズンのみ当日になると保留されていた指定席が放流され、各列車に0~4席程度の空席が表示されるようになります。

恐らくトラブル対策の一環で一部座席が発売保留されているのであろうと予想されます。

当日になるとこの席が放流されるので、当日の朝一に指定券を購入する事が可能なんです!!

指定席発売システム「マルス」が動作開始されるのが午前4時。そして新幹線ネット予約「エクスプレス予約」・「スマートEX」が操作開始されるのが午前5時30分です。

早朝からみどりの窓口や指定席券売機が稼働している駅で指定の予約状況を見て貰えば、昼頃の新幹線なら簡単に確保出来る可能性があります。

過去にこの技を使って急な帰省で席を確保する事が出来ました♪

Yuji

現在は「エクスプレス予約」で夜間申し込みサービスなども導入されていますので、朝一に駅へ行かなくともネットで申し込みする事も可能です。

ダメ元で一つ利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ:Uターンラッシュの混雑に飲まれないように!

2018年の年始は3日までと非常に短い年末年始となっています。

帰省先での疲れをいやす間もなくUターンラッシュの猛威に襲われないといけないのは相当辛いと思われます。

新幹線を運航するJR東海でも明日1/3は新大阪からの上り列車が1日201本の定期・臨時列車を用意しているようです。午前7時から午後7時までは1時間当たりのぞみが10本も設定され、「のぞみ10本ダイヤ」の真価が見られる所だと思います。

しかしそれ以上に利用者がいるため相当な混雑が予想されています。

そのため少しでもゆったりと新幹線を利用出来る様に今回は裏技まで公開させていただきました。

是非Uターンラッシュを乗り越えて4日からの仕事初めに備えてください!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Yujiのフライトログ , 2018 All Rights Reserved.