トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

【期待の訪問♪】成田空港JALファーストクラスラウンジリニューアル!どのように変わったのか?

Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

期待の成田ラウンジリニューアル!新たなラウンジはどのように変化したのか?

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

2019年4月1日、成田空港のJALファーストクラスラウンジが一部リニューアルオープンしました!

羽田空港同様JALのフラッグシップラウンジである成田空港ラウンジ、実際にどのようなラウンジへとリニューアルされたのか実際に訪れてみました。

その模様をお送りしていきます。

スポンサーリンク

4階エリアは全てファーストクラスラウンジエリアに♪

今回リニューアルオープンしたのは、2019年3月末まで工事中であった4階のファーストクラスラウンジです。

出国審査を抜け、エスカレーターを上りエントランスへと進みます。エントランス部分は、旧ラウンジとほぼ変わらずの入り口になっています。

 

旧ラウンジでは、入り口を抜けると目の前に広がるエントランスでしたが直角に配置され直したエントランスがお出迎えです。

2019年5月現在、ファーストクラスラウンジ用シャワールームは改修工事を行っているため、サクララウンジのシャワールームを利用する事になっています。

このため、ラウンジエントランスにてシャワールームの利用希望を受付ていました。

 

エントランスから中へ入ると、JALコーポレートカラーである「赤」を基調としたデザインがされています。

 

4階ラウンジの全体マップはこちら。

エントランスを抜けて、通路は左右に別れます。左へ進むと寿司カウンター「鮨 鶴亭」、右へ進むと新たに誕生したダイニングエリア「JAL’s Table」があります。

ラウンジエリアは右に進み、その後また右へ進む事になります。

 

旧ラウンジでも人気だった目玉の一つ寿司バーは「鮨 鶴亭」に

エントランスから左へと進むと、旧ラウンジでも大人気だった。カウンターで職人が目の前で握るお寿司が頂ける「鮨 鶴亭(SUSHI TSURUTEI)」へと進みます。

こちらは木をふんだんに利用したデザインとなっており、本当に回らない寿司屋に来たような雰囲気を味わうことができます。

 

カウンターには、液晶ディスプレイが設置されており本日提供されている寿司ネタの御品書きと、月間提供メニューが表示されていました。

 

寿司カウンターの奥には、和テイストをふんだん施したインテリアが並んでいます。

盆栽も素敵ですが、Yujiは横にあるJALマークの書かれた扇子に惹かれます♪

 

訪れた日は、マグロ天身・銀鮭・タマゴのセットで提供されておりラウンジでの銀鮭は初めての経験です。

サーモンよりも油感が落ち着いた上品な味を楽しませてもらいました♪

Yuji

 

寿司カウンターの向かい側には、テーブル・ソファーが用意されており、握りたてのお寿司をここで頂けるような作りになっていました。

 

「鮨 鶴亭」のエントランス側には短時間利用をイメージされたと思われるテーブルが用意されており、こちらのテーブルにも和細工が設置されています。

各椅子にもクッションが設置されていますが、長時間利用には少し辛いような印象です。

 

期待の新サービス「JAL’s Table」はどんな感じ?

エントランスから「鮨 鶴亭」と逆方向右へ進むと、リニューアルオープンで始まった新サービスエリア「JAL’s Table」が広がっています。

こちらでは今までセルフサービスだった軽食サービスの一部をスタッフが盛り付けるスタイルを始め、様々な新サービスが行われています。

ラウンジ内でも一番広い区画である「JAL’sTable」ですが、カウンタータイプやグループ向け、壁沿いには2人掛けのテーブルと椅子が設置されています。

 

こちらのカウンターにてスタッフにメニューを注文し、その場で盛り付け・提供してもらうようになっていました。

 

朝食時間帯(7:30~11:00)は、「和御膳」・「アメリカンモーニングプレート」・「フレンチトーストプレート」が時間限定で提供されています。

 

 

「和御膳」は、ご飯・味噌汁に油カレイのみそ焼き、明太子・青のり入り卵焼き、焼きのり、ゴマ昆布、カツオ梅干し、刻み野沢菜のセットで提供されます。

日本を出国する前に和食を頂いて、最後まで日本の味を楽しんで出かけられる部分は、非常にいい点だと思います。

「アメリカンモーニングプレート」は、スクランブルエッグ、ソーセージ、ポテト、サラダがワンプレートになったメニューです。

朝の洋食の定番が揃ったメニューですね。個人的にはスクランブルエッグはフォークで食べにくかったです。

「フレンチトーストプレート」は、フレンチトーストとバター、シロップがセットになっています。お好みでフルーツソースを貰う事も可能です。

Yujiはこの3点では、一番好きなメニューです♪ふわふわのフレンチトーストに甘いメイプルシロップを付けていただく事で口の中一杯に広がる甘さの幸せが何とも言えません。

フレンチトーストと聞くと、羽田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジを思い出す方もいると思いますが、全くの別物です。

こちらのフレンチトーストはまた違う美味しさがあり、Yujiはどちらも好きですね。

 

昼食時間帯は全日メニューの提供が行われており、「サラダプレート」・「サンドイッチプレート」・「デザートプレート」の3種類と昼食時間帯(11:30~)から提供される「パスタプレート」が提供されます。

 

「サラダプレート」は、17品目のサラダと特製ドレッシングをかけたメニューです。

出国前に新鮮な野菜でビタミンなどを補給して出かけるのも良いと思います♪ドレッシングも数種類用意されており、自分好みの味で楽しむことが出来る様になっています。

「サンドイッチプレート」は、サラダラップタイプのサンドイッチが提供されておりこの時はケール&シーザーチキン味を頂きました。

サンドイッチというとイメージが違うと思いますが、このようなメニューがあって面白いのではないでしょうか。

「デザートプレート」は、この時はティラミスが提供されていました。

 

夕食時間帯(15:30~)になると昼食時間帯のメニューに加え、ミートプレートとチリコンカルネが提供されます。

 

ミートプレートでは、「チキングリル トマトアンチョビソース」が提供されていました。

トマトアンチョビソースが絶妙で、出来ればご飯と一緒に頂きたいと思ってしまう一品でしたね。

スポンサーリンク

新たに登場!ラウンジ特製ラーメンは今後の名物になる?

今回の「JAL’s Table」では、新たにラーメンの提供が始まりました。

 

 

人気ラーメン店「阿夫利」とのコラボラーメンである「AFURI(阿夫利)柚子塩ラーメン」と「JAL特製豚骨ラーメン」の2種類です。

実際に頂いてみて、ラーメン屋で頂くラーメンにそん色ない味が提供されており非常にびっくりです。

あっさりとした柚子塩ラーメン、少しこってり系の豚骨ラーメン、どちらも良い味が出ています。

ラウンジリニューアルの情報がHPに発表された際、ラーメンの紹介も発表されていましたのでここまでにかな研究・準備を行って提供される事になったのでしょう。

旧ラウンジでお寿司が提供される事になった時の衝撃と同じような感覚を持ちましたね。今後成田空港ファーストクラスラウンジの目玉の一つになるのではないでしょうか?

 

もちろん、JAL国際線ラウンジ名物「JAL特製ビーフカレー」の提供もしっかり行われています。

こちらは通常通りセルフサービスで頂けますので、ご自身で頂きましょう。

 

出発前のひと時を過ごせるラウンジエリア

空港内の喧騒から離れて静かな空間で出発前のひと時を過ごせる「ラウンジエリア」。

 

こちらのラウンジエリアはドリンクサーバー・ビールサーバーなど一部変更されていますがの内装は旧ラウンジとほぼ変わらない印象ですね。

重厚感と落ち着いた雰囲気が広がるエリアでYujiがとても好きなエリアです♪このエリアの人気は非常に高く、主に外国人利用者がここでくつろいでいる印象をうけました。

マッサージチェアもこちらに設置されています。

 

ラウンジエリアを出たところには、新ラウンジに必ず設置されている電子キータイプのロッカーが18台用意されています。

朝時間帯はかなり埋まっている印象でしたがそれ以降は比較的空いている状態でしたね。

なお、写真左側に見切れているエレベーターで一つ下の階(サクララウンジ受付)に繋がっています。

 

現在3階の「ファーストクラスラウンジ」エリアがリニューアル工事中に伴い、「JOHN LOBB」によるシューシャインサービスも4階ラウンジにて行われています。

旧ラウンジ時代に行われていた個室を利用してサービスが提供しています。

 

実際に新ファーストクラスラウンジを利用してみて

実際にリニューアルされたJAL成田空港「ファーストクラスラウンジ」を利用してみて感じた印象です。

「鮨 鶴亭」エリアや「ラウンジエリア」等しっかりと作られた印象を持つ部分もありましたが、新たに誕生した「JAL’s Table」はファーストクラスラウンジにそぐわない様に感じましたね。

折角の対面での盛り付けサービスを行っているにも関わらず、上質感があまりない。。。

特に大きなプレートで提供しているため、会員制のフードコートのような印象がぬぐえない訪問となりました。

また、提供メニューに関しても特製ラーメンを除き現時点では旧ラウンジでセルフにて提供していたメニューをそのまま提供しており、次のメニュー改定に期待したいと思います。

 

また現時点ではゆっくりすごせる「ラウンジエリア」が一部のみ営業している関係で混雑艦隊はゆっくり過ごすにもこちらのダイニングエリアを使わざるを得ない状態があります。

この点は、3階のファーストクラスラウンジがリニューアルオープンした際には解消されるので、こちらのオープンまで暫くの辛抱かと思われます。

スポンサーリンク

まとめ:出発前のひと時をゆっくりくつろぐには今秋に期待

今回はリニューアルオープンした成田空港ファーストクラスラウンジを訪れ、実際に利用した感想を纏めてみました。

出発前のひと時を快適に過ごす事の出来る「ファーストクラスラウンジ」。

今回のリニューアルで、更に快適になった部分も多く、今後の成田空港出発他の際は非常に楽しみなフライトが待っていると思います。

引き続き3階のファーストクラスラウンジがリニューアル工事に入り、今秋には完全リニューアルが行われる予定です。

今後の情報に注意しつつ、Yujiもリニューアルオープンに合わせて利用できるよう準備を進めていきたいと思います♪

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yujiのフライトログ , 2019 All Rights Reserved.