トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

【訪問記】ついにオープン!伊丹空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ&サクララウンジ

 
  2019/05/01
Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

主要空港で最後のリニューアルオープン!DPラウンジの広さは最大級!?

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

リニューアル工事が続いていました伊丹空港のJALラウンジ。

先月3月28日にダイヤモンド・プレミアラウンジならびにサクララウンジともにリニューアルオープンしました!

広さ、そして快適性が向上した伊丹空港のJALラウンジを利用してきましたので、その模様をお送りしていきます。

スポンサーリンク

 

保安検査を抜けると目の前にラウンジエントランスに向かうゲートが御出迎え♪

伊丹空港ダイヤモンド・プレミアラウンジ、サクララウンジともに保安検査場通過後の目の前にあるラウンジエントランスより入室することとなります。

保安検査場の目の前にあるので、見落とすことはないでしょう。

 

自動扉を抜けると、上りのエスカレーターがあります。エスカレーターの横には、WAONチャージ用の機械も設置されています。

今回リニューアルオープンしたラウンジは、旧ダイヤモンド・プレミアラウンジがあった一つ上の三階に設置されています。

 

なお車イス利用の方やベビーカーを利用している方は、保安検査場から向かって左へ進んだところにあるエレベーターが利用出来ます。

こちらは現時点では工事中ですが、将来的にはJMBダイヤモンド・JGCプレミア会員専用チェックインカウンター・保安検査場につながる導線になるのではないかと思われます。

JMBダイヤモンド・JGCプレミア会員専用チェックインカウンター・保安検査場は2019年7月以降のオープンとなるでしょう。

大阪国際(伊丹)空港ダイヤモンド・プレミア専用セキュリティゲートと JALグローバルクラブ(JGC)エントランスの移設について

エスカレーターで上の階に進むと、ラウンジエントランスが広がります♪

「日本のたたづまい」をコンセプトに作られたラウンジで新千歳や福岡、那覇空港と同様のコンセプトでデザインされています。

伊丹空港は少し照明を落とした落ち着いた雰囲気のエントランスになっています。

こちらでラウンジ入室用端末へ搭乗券orマイレージカード等保安検査通過の際に利用したものをかざして入場です。

撮影に気を使って下さり、スタッフが写っていませんが通常はラウンジスタッフが3~4人以上待機しています。

ダイヤモンド・プレミアラウンジはエントランスに向かって右の自動扉へ、サクララウンジはエントランスに向かって左へ進むことになります。

 

なおエントランスの向かいには、ダイヤモンド・プレミア&サクララウンジ共用の喫煙ルームが設置されています。

愛煙家の皆さんもラウンジ滞在中・搭乗前の一服を燻らせるようになっています。

排煙設備もしっかりしており、喫煙ルーム内でも煙草のにおいを感じない場所となっていました。

 

主要空港最大!?ダイヤモンド・プレミアラウンジ

まずは、JAL最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」に潜入です♪

 

エントランスから自動扉を抜けると目の前には鶴?のオブジェが設置されています。

 

その横には、電子キータイプのロッカーが15個。リニューアルされたラウンジは全てこのタイプで設置されていますね。

機内持ち込みのサイズでは余裕あるサイズのロッカーです。

特に一番下のロッカーは、キャリーバックがそのまま入りますので利用率が高い印象を受けました。

 

電子ロッカーの反対側には、電話ブースが並んでいます。

ビジネスユーザーの利用が非常に多い伊丹空港なので電話ブースもかなりの数が並んでいます。

 

電子ロッカー・電話ブースを抜けると、ラウンジのメインエリア。

ダイヤモンド・プレミアラウンジは入室後左右にラウンジが広がり、面積的にもめっちゃ広いラウンジだなという印象を受けました。

前述した通り、伊丹空港はビジネスユーザーの利用が多く、利用者の多くがヘビーユーザー。

羽田=伊丹線のみ優先搭乗がJMBダイヤモンド・JGCプレミアとJMBサファイア・JGC会員の2回に別れている事や、搭乗時の優先搭乗の列を見ていると利用者の半分以上がこちらのラウンジを使っているのでは?と思ってしまうくらいです。

 

ダイヤモンド・プレミアラウンジは滑走路と平行に広がるラウンジとなっており、窓の外に広がる駐機場と滑走路は絶景です♪

窓に面した部分は、カウンターテーブルにソファータイプの椅子が並んでいます。窓側席はやはり人気が高く、一番に座席が埋まっていく感じでしたね。

 

中央には、関西エリアの名産品・工芸品を展示したテーブルが設置されており、向かい合わせになった方とお見合い状態を回避する作りとなっています。

 

各空港のダイヤモンドプレミアラウンジに設置されている木製の椅子も設置されているだけでなく、ゆったりとした空間に伊丹空港独自の椅子・ソファーが並んでいます。

他空港にある座席がすべて埋まって座れないという悲惨な状態は回避されていると思われます。

なお、伊丹空港のダイヤモンド・プレミアラウンジの座席数は約160席です。

 

早朝の羽田空港行(JL102便/JL104便)の出発前や夕方の時間帯(18~19時頃)はかなり混雑していますが、それ以外の時間帯は比較的ゆったりと利用できる作りとなっています。

新千歳・羽田・福岡・那覇の空港にあるダイヤモンド・プレミアラウンジと比較してもゆったりと利用できる点は非常に嬉しい点です♪

 

もちろん、各空港ラウンジに設置されているマッサージ機も2台設置されていますが、利用者が多くこちらでも争奪戦になる事必死ですね。

 

また、伊丹空港のダイヤモンド・プレミアラウンジには他空港にはない特別な一角が存在しています。

写真だけでは何気ないラウンジの一風景ですが、実はこの一部分はサクララウンジとしても利用できるようになっています。

伊丹空港のラウンジ利用者は、平日はビジネスユーザー、休日はその家族連れの方が多い事が特徴となっており、夫婦等二人であれば「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」、3人以上の家族であればラウンジチケットを利用して「サクララウンジ」を利用する方が多くいらっしゃる空港になっています。

そのため、その日のラウンジ利用者の予測値によっては、この写真のエリアがサクララウンジとして共用されるとの事。

 

サクララウンジとして利用する場合は、奥に見える冷蔵庫横にある引き戸を閉める事でこの一角をサクララウンジ側とつないで開放する仕掛けになっているそうです。

 

なおサクララウンジ側から見た引き戸(閉鎖状態)はこんな感じです。

今後ラウンジ利用者(エメラルドステイタス/サファイアステイタス)の比率が大きく変化した際もこの仕掛けは大きく役立つのではないでしょうか?

 

気になる軽食コーナー

各地のダイヤモンド・プレミアラウンジでは、各空港独自の軽食のサービスが提供されています。

伊丹空港では、どのような軽食が頂けるのでしょうか?

 

伊丹空港でも、おにぎりとパン、味噌汁、スープの提供が行われています。

現在は、「かしわ焼おにぎり」・「梅しそ焼きおにぎり」と「粗挽きウインナーデニッシュ」・「チーズパン」、汁物は「味噌汁」・「カレーチャウダー」が終日提供されています。

なお昼以降(11:30~)では、各空港で大人気のJAL特性カレーパンと伊丹空港限定「六甲山麓ミルクパン」・「宇治抹茶デニッシュ」の提供が行われています。

特に「カレーチャウダー」の味はとても良く、朝からでも夕方にも頂けるような飲みやすい味になっており、お勧めです♪

 

なお、アルコール類はヱビス・ザプレミアムモルツ・ドライプレミアム豊穣・一番搾りプレミアムの各種プレミアビールとウイスキー「知多」シングルモルトが用意。

ソフトドリンクは最近普及しつつある大型タッチパネルが設置されたドリンクサーバーが設置されており、自分の好きな飲み物を飲む事が出来ます。

その他のソフトドリンクとしてトマトジュース・牛乳・ミネラルウォーター・ポカリスエットが提供されています。

 

また伊丹空港限定ソフトドリンクである「青汁」も復活し、ダイヤモンド・プレミアラウンジ限定で提供されることになりました。

普段あまり飲まれている方を見かけていませんでしたが、利用者の熱烈な要望に答え復活したと聞いていますので今後青汁を飲んでいる方を見ることも多くなるのではないでしょうか?

是非皆さんも「青汁」を飲んで「まずい、もう一杯」と言ってみてくださいw

 

他空港と比べ、手狭なサクララウンジ

続いてJALサクララウンジを見学させてもらいましょう♪

エントランスを抜け、向かって左に進むとサクララウンジへ繋がります。

 

ダイヤモンド・プレミアラウンジは滑走路と平行に作られていましたが、サクララウンジは滑走路と直角に作られた空間となっています。

ラウンジに向かう通路を抜けて、突き当りを左右どちらに抜けてもラウンジへとつながっています。

 

ダイヤモンド・プレミアラウンジから直接サクララウンジへ来てしまうと、一番に感じてしまうのが天井の高さの違いですね。

サクララウンジの設置部分は、施設の都合上天井の高さが若干低くなっているように感じます。

そして、ダイアモンド・プレミアラウンジと違い、滑走路と直角に広がるラウンジエリアが印象的です。

 

サクララウンジでも、滑走路側が眺められるところにはカウンタータイプのテーブルにソファが並び、その手前側には滑走路とは直角に並ぶ椅子が設置されています。

もちろんほとんどのテーブルにはコンセント&USB充電ポートが設置されており、出発前の充電に困る事はないでしょう。

ほぼ同じ時間帯の訪問でしたが、サクララウンジには窓にカーテンがかかっているのが印象的でした。

Yuji

 

他空港にも設置されている包み込まれるような形の椅子も伊丹空港のサクララウンジに搭乗です。左右の部分にちょっとしたでっぱり(?)があるためか隣に座った方にあまり気にせずひとときを過ごせることが印象的な椅子ですね。

 

一人掛けの椅子はもちろんの事、サクララウンジでは、二人掛けのテーブルやグループでも使いやすい椅子やテーブルが並んでいるのが特徴ですね。

また写真にはありませんが、カウンターチェアーのような椅子の高さが高い椅子とテーブルもあり様々な椅子を楽しみたい方はサクララウンジの方もオススメかもしれません。

 

サクララウンジでは、アルコール類としてビールがアサヒ スーパードライ・サントリー モルツ・サッポロ 黒ラベル・キリン 一番搾りの4種類とウイスキー。

ソフトドリンクとして、コーラやカルピス、リアルゴールド、お茶・コーヒーなどが提供されています。

ドリンクカウンターは少しカーブを描いた作りとなっており、上には関西の名産品。工芸品が並んでいる等、落ち着いた印象になっていますね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:リニューアルされた最新ラウンジに大満足♪

今回は、2019年3月下旬よりリニューアルオープンした伊丹空港のJALダイアモンド・プレミアラウンジとサクララウンジの様子をご紹介しました。

今回のリニューアルオープンにより新千歳・羽田・伊丹・福岡・那覇の主要5空港のラウンジリニューアルが完了した事になります。

全てのラウンジを利用してきたYujiですが、この伊丹空港のラウンジが一番のお気に入り♪

ここから国内各地へと出発できるのはとてもうれしい事ですね♪

ラウンジリニューアルは現在進行中の成田空港を始め、リニューアル未実施の空港に広がってくると考えられます。

出発前のひと時を楽しませてくれるラウンジ改修をこれからも楽しみにしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Yujiのフライトログ , 2019 All Rights Reserved.