トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

岡山空港に新たなJALサクララウンジが誕生!新幹線との競争力強化へ!

 
  2019/02/19
Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

「日本のたたずまい」をコンセプトに岡山カラーが生かされるラウンジが誕生へ♪

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

2月15日、岡山桃太郎空港にJALサクララウンジが誕生しました!

現在のラウンジコンセプト「日本のたたずまい」を基に制限エリア内に誕生したラウンジ。

今回は開業直後の岡山桃太郎空港のサクララウンジへと潜入してきましたので、その模様をお送りします。

スポンサーリンク

岡山桃太郎空港とは?

岡山桃太郎空港は、岡山県岡山市北区にある第3種空港(岡山県が管理・運営)で、JAL(日本航空)では東京=岡山間1日5往復、JTA(日本トランスオーシャン航空)那覇=岡山間1日1往復運航しています。

岡山駅から空港までリムジンバスで30分程度の立地にあるため、新幹線と飛行機の利用比率が大きく変化する通称「4時間の壁」の狭間として新幹線との競争が出来る空港として有名です。

ボーイング787国内線初便が運航されたのも岡山空港ですね

昔は伊丹空港と同様前日まで購入可能な「特便1」が破格の値段で設定されており、安い時は¥10.000円~程度で利用する事が出来ていました。

※現在も前日まで購入可能な「特便1」で¥14.600~で高松空港の¥24.500~と比較すると破格かもしれません。

 

つい先日まではサクララウンジ利用対象者へは、セキュリティエリア外にある岡山空港カードラウンジ「マスカットラウンジ」が提供されていました。

一方全日空では、セキュリティエリア内にある「ANAラウンジ」が利用出来るため出発直前までゆっくりできる点や、「マスカットラウンジ」がセキュリティエリア外なのでギリギリまで滞在を粘る人が保安検査場の混雑に巻き込まれ飛行機に遅延が発生する恐れがある点など色々な面で劣勢に立っていました。

国内線では、新千歳・仙台・成田・羽田・小松・伊丹・関西・広島・松山・福岡・熊本・鹿児島・那覇の13か所ついでのオープンで国内では14か所目の「サクララウンジ」となります。

リニューアルラウンジとしては、新千歳・小松・広島・松山・福岡・鹿児島・那覇に次いでの8か所目です。

 

実際に岡山空港「サクララウンジ」へ潜入!

早速、岡山空港のサクララウンジへと潜入してみましょう!

今回開設されたサクララウンジは、保安検査場通過後左方向へ進み突き当りの部分搭乗口3番付近に設置されました。

備前焼のオブジェが一緒にお出迎えです。開設初日でしたので、ラウンジの前には岡山の各所からお祝いのお花が届いていました。

 

ラウンジ入口は、和紙を利用しているのでしょうか?中の様子が全く見えない自動扉がお出迎えです。

 

中に入ると、JALのシンボルマーク「鶴丸」とコーポレートカラーである赤を基調としたエントランスがお出迎え♪

こちらで、保安検査場でかざした「搭乗券」or「マイレージカード」等を機械にかざして入室です。

入室判定の機械は1つで、他の空港と同様の機械が設置されていました。

 

自動扉の突き当りには、岡山の名産である「畳縁(たたみべり)」を活用したアートも掲出されています。

畳縁は岡山の名産品であることを初めて知りました

Yuji

岡山県の瀬戸内海沿岸あるの倉敷市児島地域は江戸時代から干拓地であり、塩分に強い綿栽培が発展していました。

その綿を利用した繊維産業も発展し、「桃太郎ジーンズ」に代表されるジーンズに使うデニム生地や学生時代にほとんどの方が着たことがあるであろう学生服の生産が盛んな地域です。

その中で、細巾織物でもある「畳縁」の生産も盛んで現在でも国内シェア8割を超えているそうです。

 

ラウンジレセプションの反対側には、JALサクララウンジの香りを芳香させるアロマ機とロッカーが6か所設置されています。

ロッカーは、他の空港に設置されてあるタイプと同じ電子キータイプのロッカーです。

午前と午後で違う香りに囲まれながらラウンジへと入室していきます。

 

ラウンジ内部はT字型のようになっており、エントランスから一直線に様々な種類の座席が配置されております。

 

一番手前には、真ん中に岡山の伝統工芸品「ガマ細工」と「和紙」を活用したらランプが設置されているテーブルが用意されています。

出発前の短時間でもパソコン作業が出来る様に一人当たりの広さもしっかりと取られています。

 

もちろん、各座席にはコンセント口とUSB充電ポートが1か所設置されています。

コンセントは、パソコンの充電&スマホの充電をしたい方にも安心の2か所口。

海外からの利用者に対応するためにUSBプラグでの充電口も設置されています。

 

テーブル席の端には、岡山出身の「横山翔平」さんのガラス工芸品が展示されていました。

 

大きなテーブルの壁側には、ベンチスタイルの座席と簡単な丸テーブルが用意。

こちらの座席には、座席下部分にコンセントが用意されています。

丸テーブルはかなりこじんまりしており、飲み物とおつまみ程度は置けますが、パソコンは少し厳しいと思います。

 

テーブル席の奥には、一人ひとり完全独立している座席が配置されています。

各椅子の横に設置されているテーブルの下には、機内持ち込み可能な荷物を置くことが可能になっています。各座席にはクッションが設置されており、座席でゆっくりと過ごせるようになっています。

ただ、この座席に着席すると向かいに座る方とめっちゃ目線が合ってしまう…(苦笑)

両壁側の座席と中央部分の座席の配置がシンメトリーで配置されているため、壁側の座席に着席すると反対側の壁に着席している方の視線が合ってしまう事が多々あります。

 

テーブル席と個人座席の間には、新聞・雑誌ラックと出発案内ボードが用意されています。

座席数は全部で50席で、岡山空港に飛来してるボーイング737-800の総席数が165席と考えると約1/3の利用者がラウンジを使う事が可能だという計算になります。

ただ、曜日や時間帯によっては混雑はするようでYujiが利用した日も出発直前には座席がほぼ埋まるような状態でした。

 

気になる飲み物は?~岡山限定のソフトドリンクに大満足~

岡山桃太郎空港「サクララウンジ」では、ビール等のアルコールにソフトドリンク、おつまみが提供されています。

ソフトドリンクは、最近主流になりつつあるタッチパネル式のドリンクサーバーにて提供。

提供メニューは、「コカ・コーラ」・「コカ・コーラ ZERO」・「カルピス」・「カルピスソーダ」・「リアルゴールド」・「ジンジャエール」・「ミニッツメイド」・「綾鷹」

ビールは、「キリン 一番搾り」・「サントリー モルツ」・「サッポロ 黒ラベル」・「アサヒ スーパードライ」がラインナップされています。

 

ビールグラスは、冷蔵庫の中に冷えています♪

なお、冷蔵庫の中には「トマトジュース」・「牛乳」・「ミネラルウォーター」が用意されています。

 

コーヒーは、エスプレッソマシンが完備。

コーヒー消費量全国トップ10に入る岡山県の利用者も満足できるようにエスプレッソマシンもしっかりとしたものが用意されいます。

 

岡山桃太郎空港の「サクララウンジ」では、独自のソフトドリンク「ゆずはちみつ」が提供されています。

岡山の県北「苫田郡鏡野町」にある山田養蜂場のはちみつを利用した「ゆず&はちみつ」を用意。

ゆずの酸味とはちみつの甘さがマッチして非常に飲みやすいソフトドリンクです♪

 

また煎茶として岡山県産の茶葉を利用した「引両紋」のお茶を用意。

独自のソフトドリンクでも岡山を提供しています。

 

おつまみは「サクララウンジ」独自のモノが袋タイプにて提供されています。

前述した山田養蜂場の「ゆずはちみつ」や煎茶「引両紋」をいただきながら出発前のひと時で味わってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

岡山桃太郎空港サクララウンジの営業時間・利用資格は?

今回紹介した岡山桃太郎空港のサクララウンジの営業時間は6:30~最終便出発前までとなっています。

2019年2月現在の運航ダイヤでは始発便は羽田行JAL232便(7:10発)、最終便は羽田行(18:30)です。

そのため、6:30~18:30頃までの営業時間と考えて良いでしょう。

 

ラウンジ利用対象者は、以下の通りです。

・JMBダイヤモンド会員(同行者1名も可、同行者2~3名はラウンジクーポンが必要)

・JGCプレミア会員(同行者1名も可、同行者2~3名はラウンジクーポンが必要)

・JMBサファイア会員(同行者1名も可、同行者2~3名はラウンジクーポンが必要)

・JGC会員(同行者1名も可、同行者2~3名はラウンジクーポンが必要)

・JMBクリスタル会員(本人のみラウンジクーポンが必要)

・当日国内線ファーストクラスに乗継の方(同行者1名も可)

・JAL(一部コードシェア便を除く)国際線ファーストクラス・ビジネスクラスへ翌日午前6時まで乗継の方(ファーストクラス利用者のみ同行者1名も可)

・ワンワルドエリートステータス「エメラルド会員」・「サファイア会員」(同行者1名も可)

・JALカード CLUB EST会員(年間5回のみ、同行者1名も可)

 

まとめ:岡山から出発前のひとときが快適に♪

今回は、新規開設された岡山桃太郎空港JALサクララウンジの様子をお送りました。

前述した通り、東京=岡山間は新幹線との競合が非常に高い地域です。

その中でサクララウンジが開設された点は出発前のひとときを快適に過ごせる「サクララウンジ」がオープンした事は相当の競争力強化に繋がると思います。

岡山独自のソフトドリンクの提供などもあり、出発直前まで岡山を感じる事も出来るラウンジに仕上がっているので、岡山空港から出発の際は是非サクララウンジも楽しんでみてはいかがでしょうか?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Yujiのフライトログ , 2019 All Rights Reserved.