トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

関西空港でファーストクラスの機内食体験!レジェンドオブコンコルド

 
Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

ファーストクラスに搭乗しなくても最高峰の機内食が食べられます♪

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

飛行機、特に国際線へ搭乗時する際に楽しみなのはやはり「機内食

搭乗クラスがビジネスクラス・ファーストクラスだったり、ロングフライトになるといつも以上にウキウキしてしまします♪

その機内食が地上でも食べられるレストランがある事をご存知でしょうか?今回は関西空港にある機内食を頂けるレストラン「レジェンドオブコンコルド」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

伝説の超音速旅客機「コンコルド」を冠したレストラン

レストラン名の「レジェンド オブ コンコルド」を訳すと、伝説のコンコルド。

コンコルドは、1976年から2003年まで運航されていた超音速旅客機で、ブリティッシュエアウェイズとエールフランスが運航していました。

細長い鳥のくちばしのような機種に羽を広げたような翼が特徴的なデザインで、何よりも飛行速度が音速を超えるマッハ2.04!

大西洋路線(ロンドン・ニューヨーク間)を最新機材ボーイング787でも最速5時間30分かかるところを3時間30分で飛行していました。

JALでも導入計画が持ち上がり、模型が作られていましたが残念ながら導入されませんでした。

今でもコンコルドを運航していた「ブリティッシュエアウェイズ」では、ファーストクラスラウンジの上位ラウンジに「コンコルドラウンジ」という名称を使い、コンコルドの特別性を伝承しています。

日本にも過去5回コンコルドが飛来していますが、関西空港へは1994年の開港記念メモリアルフライトにて1度飛来しています。

そのため今回のレストランに「レジェンドオブコンコルド」と付けているそうです。

 

レストラン内には、コンコルドの形をしたテーブルや、コンコルドの写真を展示していたり、大小のコンコルド模型が展示されています。

 

体験機内食のメニューは航空会社に提供しているものとほぼ同じ!

「レジェンドオブコンコルド」を運営している会社は「エイエイエスケータリング」という機内食を作っている会社です。

関西空港を発着している海外航空会社32社の機内食を製造・納入している会社で、「レジェンドオブコンコルド」にて各航空会社に納入しているメニューをアレンジして提供しています。

エコノミークラス機内食は当日注文も可能ですが、ファーストクラス・ビジネスクラス機内食は3日前までの予約が必要です。

 

店内に入り、予約名を伝えると「お待ちしていました!」と丁寧なお出迎えと共にテーブルへと案内されます。

店内の奥まった部分に、専用のテーブルクロスを引いてテーブルセッティングされた所へと案内されました。

 

ウエルカムドリンクとして赤ワイン・白ワイン・オレンジジュースの3種類から選べます。

Yujiは赤ワインを頂きます♪軽くて飲みやすいワインでした♪

 

テーブルの上には今回のファーストクラス機内食体験メニューが用意されています。

メニューは2か月に1度変更され、航空会社とのコラボレーションフェアなども開催しているとの事です。

 

まずは、アミューズの「鴨の燻製とパイナップルの串焼き」です。

鴨の薫製の上品な味が口一杯に広がります♪

 

 

オードブルのバリエ「帆立の貝柱、セロリ、スモークアップル、ローストヘーゼルナッツをトリフドレッシングで、グリルチキンと剥きエビのソテー」です。

バリエはとても美味しく、特にエビやホタテの海鮮が新鮮でプリプリ♪

この新鮮さを機内で頂けるのはファーストクラスの機内食ならではないでしょうか?

 

柚子風味のフレンチドレッシングがかかった「季節のサラダ」です。

 

ここで登場「2種類のブレッド」ハード系のパンで、とても香り高くめっちゃ美味しいです♪そしてこのパンはおかわり自由です♪

 

スープ「トマトのスープ」

このスープがめっちゃ美味しいです!!トマトの濃厚なスープで、こんなに美味しいスープは久々でした♪

パンにもよく合うので、おかわり自由な分めっちゃ頂けます♪

 

アントレ「メダイと剥きエビのソテーをクリームアメリカンソースとリゾットで」

海老の新鮮さとアメリカンソースがとても合う一品です。

レジェンドオブコンコルドで頂くメニューの特徴として、海鮮系のメニューがとてもおいしい事!魚や甲殻類がお好きな方にはお勧めです♪

 

この体験機内食では、アントレが2種類頂けるのが特徴。魚料理に引き続き、肉料理の登場です!

アントレ「和牛テンダーロインをバルサミック&ビーフジュ―ソースで グリルド野菜と共に」

お肉の柔らかさに、ソースが絡まり、とても贅沢な味を満喫する事が出来ます♪

アントレが2種類あるため、この辺りからお腹はいっぱいになってくるでしょう。

 

チーズ「3種類のチーズとピーカンナッツ」

チーズは、チェダーチーズ・ゴルゴンゾーラチーズ・プロセスチーズの3種類が頂けます。

 

最後にデザート「マロン&カシスケーキ」

甘いものは別腹のYujiですが、かなりどっしりした濃厚ケーキでした。

クリスマスに近い時の来店のため、クリスマス仕様にデコレーションされていました。

 

ケーキと共に食後の温かい飲み物も一緒に提供されます。

コーヒーもしくは紅茶を頂けますが、今回は紅茶を頂きます。今回の銘柄はアールグレーでした。

 

これでフルコース終了。お腹いっぱいになるほどの量と美味しいコース料理を満喫させてもらえました♪

 

空港敷地内のレストランなので、雰囲気バッチリ♪

今回頂いたレストラン「レジェンドオブコンコルド」は、関西空港内にあるレストラン。

店内の雰囲気だけでなく、食事を頂きながら飛行機の離発着が楽しめる場所になっています。

 

目の前には展望ホールの駐車場が広がり、その奥には関西空港の第一ターミナルと滑走路が眺められます。

フルコースを楽しんでいる時は、離陸機が目の前を飛んでいく姿を眺めながら料理を頂くことが出来ました♪

昼間の広がる景色も良いですが、Yujiは夜景の広がる空港を楽しんでいただきたいと思います。

 

「レジェンドオブコンコルド」は、関空展望ホール「スカイビュー」の3階にあります。

展望ホール4階には、飛行機関連グッズの販売店もあり航空会社直販製品だけでなく、関空限定グッズやエアライン各社のノートも販売されています♪

4階には、展望デッキも用意されており、時間帯や風向により離着陸が眺める事が出来ます♪

ぜひ食前・食後に夜のロマンチックな光を楽しんでください。

 

レジェンドオブコンコルドへのアクセスは?

今回紹介した「レジェンドオブコンコルド」は、関西空港の敷地内にあります。

そのため、まずは「関空特急はるか」or「南海特急ラピート」にて関西空港へと行きましょう。

関空への連絡端の修繕工事が続いているため、バスはお勧めしません。また、アルコールの提供もありますので自家用車での来店は止めましょう。

 

鉄道にて関西空港へ到着した後は、連絡通路にて第一ターミナルへ移動します。

 

展望ホールまでの連絡バスは一番端っこの1番乗り場から発着しています。

大体20分おきに運転されており、運賃は無料。空港ターミナルから展望ホールまでは約7分です。

 

「レジェンドオブコンコルド」は展望ホール3階にあります。

営業時間は11:00~21:00(LO.20:00)です。

ファーストクラス・ビジネスクラスメニューは1品1品サーブされていきますので、コース全体で2時間程かかります。

そのため夜は18:00位に入店しておく事をお勧めします。

なお再度のアナウンスですが、ファーストクラス・ビジネスクラス機内食menuは3日前までの予約が必要となりますので、注意が必要です!

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、関西空港にある「レジェンドオブコンコルド」を紹介しました。

飛行機に乗らずとも、機内食を頂くことが出来るこのレストラン。

簡単に長期休暇が取れない方でもファーストクラス・ビジネスクラスの機内食を楽しむことができますので、是非一度伺ってみてはいかがでしょうか?

「レジェンドオブコンコルド」でデートして、新婚旅行でファーストクラスにて欧米各国へフライトというのもロマンチックですよ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Yujiのフライトログ , 2019 All Rights Reserved.