The following two tabs change content below.
Yuji
Yuji
トラベルライター・移動のプロフェッショナル。
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら

年1回以上新幹線を利用するなら「EX予約」がお得!

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

2017年9月30日、東海道・山陽新幹線の新たな予約サービス「スマートEX」が始まりました。

インターネットで予約・決済する事によって登録した交通系ICカードで新幹線に乗車することが出来るこの新サービス、窓口に並ばなくても良い利便性と将来のリニア新幹線に繋がる販売ルートへと進化していくのではないかと思われます。

今回はこの「スマートEX」の特徴と会員制サービス「エクスプレス予約」の違いについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

会員登録した日から利用できる「スマートEX」

「スマートEX」は対象のクレジットカードがあれば会員登録したその場から利用できる東海道・山陽新幹線のネット予約サービスです。

 

「エクスプレス予約」や「えきねっと」・「e5489」等の自社クレジットカード会員向けの予約サービスを除き、今まで切符売り場や旅行代理店でしか購入する事が出来なかった新幹線の切符をパソコンやスマホから購入できるようになりました。

また会員登録時に交通系ICカードを登録すると、一人での乗車に限り窓口・券売機での受取のいらないチケットレス乗車も可能です。

 

会員登録費用・年会費は無料、対象クレジットカードは「VISA」・「Master card」・「JCB」・「American Express」・「Diners」・「J-WESTベーシック」となっています。

チケットレス乗車に利用できる交通系ICカードは全国相互利用出来るICカード「Kitaca」・「Suica」・「PASUMO」・「TOICA」・「manaca」・「ICOCA」・「PiTaPa」・「SUGOCA」・「nimoca」・「はやかけん」の10種類です。

YujiYuji

一部のIC定期券を除きICカードのチャージのみでは乗車できませんので注意が必要です!

 

気になる運賃・料金は通常価格の200円引き。東京~新大阪間通常期の「のぞみ」普通車指定席で¥14.250-となります。

 

また、今まで会員制予約サービス「エクスプレス予約」のみで利用出来ていた早得商品が利用する事が可能です。

利用出来る早得商品は

・EX早得…3日前までの予約が必要。土日料金は更にお得。

・EX早得21…21日前までの予約が必要。早朝と日中の「のぞみ」がお得。

・EXグリーン早得…3日前までの予約が必要。6時台の「のぞみ」と終日の「ひかり」がお得。

・EXこだまグリーン早得…3日前までの予約が必要。こだまのグリーン車がお得。

・EXのぞみファミリー早得…3日前かつ二人以上同一行程の予約が必要。土日のみ設定。

・EXこだまファミリー早得…3日前かつ二人以上同一行程の予約が必要。

 

いずれも料金は会員制予約サービス「エクスプレス予約」と同額です。

 

早得サービスだけを使うなら「スマートEX」もお得だが…

「スマートEX」を検討している方も多いと思いますが、正直な所このサービスの経済的な旨みは早得以外ほとんどありません。

 

事前に日程が決まっている乗車のみであれば、早得サービスを利用してお得に乗車する事も出来ます。しかし、乗車日当日の予約・購入は通常価格から200円しか割引されませんし、きっぷの効力も新幹線のみなので、通常の切符で利用できる「特定都区市内制度」も利用する事が出来ません。

通常の切符だと大阪駅から新大阪駅までJRで移動し新幹線で品川まで乗車し新宿へ行く場合、改札を出ない限り大阪駅から新宿駅まで追加料金が必要ありません。しかし「スマートEX」は新幹線専用の切符ですので、大阪~新大阪駅間・品川~新宿駅間の運賃が別途必要になってしまいます。

東海道・山陽新幹線の場合、東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・北九州・福岡の9か所の特定都区市内が関わってきますので、新幹線の乗車前・下車してから利用する人は特に注意が必要です。

 

また、片道600キロ以上の乗車券を往復で購入した場合に利用できる往復割引の制度も新幹線区間外が対象となりませんので注意が必要です。

 

「スマートEX」はリニア新幹線への布石?

なぜ「スマートEX」が誕生したのでしょう?

 

プレス等で明言されてはいませんが、恐らく将来のリニア新幹線に向けた準備ではないかと考えられます。

リニア新幹線の利用の際には、今までのように窓口で切符を購入して乗車するという流れから完全なネット予約へと移行されると予想されます。

飛行機同様タッチアンドゴーで乗車する事で窓口係員等の削減を計画しているのではないでしょうか。

リニア計画では、中間駅には営業専任社員を置かないと明言している位ですので乗車する場合は完全なチケットレス乗車が検討されているものと考えます。

当社が用意する中央新幹線の中間駅のイメージについて

 

「スマートEX」を使うなら「エクスプレス予約」の利用がお得!

「スマートEX」を利用してお得に乗車しようと考えているのであれば、「エクスプレス予約」の方が断然お得にかつ便利に東海道・山陽新幹線を利用する事が出来ます。

年会費が¥1080円必要な分365日お得な会員価格で乗車する事が出来るだけでなく、早得対象外の日付も短くなっています。

今までは「エクスプレス予約」を利用するにはJR東海エクスプレスカード・viewカード・J-WESTカード(エクスプレス)3種類のいずれかのカードへの加入が必要でした。

「スマートEX」がスタートするにあたり、中途半端で使いづらい印象だった「プラスEX」が「エクスプレス予約」にサービス統合され、グリーンプログラムを除きすべてのサービスが利用できるようになりました。

そのためJCB・三井住友・UFJニコス・トヨタファイナンス・AMEX・イオンカード・セディナ・三井住友トラストの8種類のカードでも「エクスプレス予約」のサービスが利用出来ます。

 

 

東京~新大阪間を当日予約・決済する「EX予約サービス」で乗車するだけで、通常よりも¥1080円安い¥13370円で乗車できます。片道利用で年会費の元が取れるので、是非「エクスプレス予約」で新幹線を利用した方が良いでしょう!

 

当ブログはJALマイルを貯めている方がたくさん来られているので、マイルを貯めつつ新幹線もお得に貯めるのであればジャルカード 、Suicaをよく利用する方であればJALカードSuica をからviewカードの特約を利用すると良いと思います♪

 

スポンサーリンク

まとめ:新幹線をお得に乗るなら「エクスプレス予約」一択!

今回は本日始まった「スマートEX」とお得な「エクスプレス予約」について纏めてみました。

東海道・山陽新幹線だけを利用するなら「エクスプレス予約」がお得ですね!

「エクスプレス予約」の場合は登録後「エクスプレス予約会員証」を受け取るまでにしばらく時間がかかりますので、早めの会員登録が必要になります。

年末年始の利用を考えて早いうちに登録してみてはいかがでしょうか?

新幹線でマイルを貯めるなら「JALカード 」がお勧めです♪