The following two tabs change content below.
Yuji
Yuji
トラベルライター・移動のプロフェッショナル。
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら

電車バス飛行機が楽しめる西鉄ホテルクルーム博多♪

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

先日福岡へと出かけてきた際「西鉄ホテルクルーム博多」を利用しました。

このホテルの売りの一つが博多駅を発着する電車が間近に見る事が出来る事♪

いわゆる「トレインビュー」のお部屋です。

今回はホテルの雰囲気とどの程度のトレインビューなのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク


 

立地は「博多バスターミナル」横、博多駅からも徒歩約5分

今回宿泊した「西鉄ホテルクルーム博多」は、博多駅の博多口側(在来線側・博多阪急がある方)にあります。

博多駅から博多バスターミナルの方へ進み、バスターミナルを抜けるとすぐホテルに到着です。

 

地下で直結とまでは言いませんが、隣にある博多バスターミナルまでは地下を通れば濡れずに行くことも可能です。

九州各地から高速バスで、博多駅まで新幹線や福岡空港から地下鉄で到着してすぐにホテルに到着できる点はとても良いですね♪

ホテルのレセプション・ラウンジは2階に用意されていますので、入館後目の前のエスカレーターなどを利用して2階へと進みましょう。

 

レセプションの雰囲気はお洒落な隠れ家♪

2階へと上がるとお洒落なラウンジ空間も用意されており、のんびり過ごす事も可能です♪

夜は訪日外国人の方も結構このラウンジでくつろいでいました。

 

ラウンジの奥には博多の伝統工芸品なども設置されており、博多の友人宅にお邪魔しているような雰囲気です。

更に夜が深まると一段とお洒落な雰囲気になっていきます。

こちらでは、無料のソフトドリンクや有料のこだわりコーヒーなどが頂けます。

 

レセプションには、「福岡情報交換ウォール」という宿泊者やホテルスタッフがお勧めする観光スポットが厳選された情報ボードなどもあり、博多観光の現地情報が一挙に手に入る工夫もされています。

この情報ボードはとても印象的で、今までのホテルに無い斬新な紹介だなと感じました。

 

情報ボードの内容だけでなく、観光やお出かけ情報を調べるためのタブレット端末も用意されていました。

最近の福岡は日本人観光客だけでなく訪日外国人もかなり多くなっているとの事、やはり多言語による情報展開はタブレットに頼るのが手軽でかつスタッフの負担も少ないですよね。

 

いざチェックイン!肝心のお部屋は!?

チェックインを済ませて、部屋へと向かいます♪

今回宿泊したのは、「シングルルーム」、宿泊予約の際トレインビューの出来る部屋とリクエストをかけておきました。

 

ぼやけてますが、ホテルのエレベーターは計4台。

ホテルの全客室が503室ですが、エレベーターはそこまで待つことなく利用する事が出来ました。

 

トレインビューの出来る部屋は博多駅寄りの部屋の一部です。

今回用意された部屋も一番線路寄りの角部屋でした。

 

いざ、部屋へと入室!

広さはビジネスホテルのシングルルームとしては普通サイズ14.6㎡。

ベッドとテーブルとテレビ、そしてチェアーでほぼいっぱいの広さになっています。

 

ベッドの広さもシングルサイズですが、普通に就寝するのにはちょうどいいサイズです。

枕元に充電用のコンセントが2個用意されている点はGoodです。

 

テーブルの大きさはしっかりとしており、出張先での作業としては十分に利用できるサイズになっています。

ここまで大きいサイズのテーブルを用意しているホテルは少ないのではないでしょうか?

出張先で報告書などを書き上げないといけない時にはとても便利だと思います。

 

テーブル横には空の冷蔵庫と金庫が設置されていました。

冷蔵庫の中身はありませんが、1階にローソンが入居していますので24時間必要な時に必要なものを買えるようになっています。

 

食器は、コーヒーカップとグラスが用意。

瞬間湯沸かし器も設置されていますので、夜食のラーメンも食べられます(笑)

 

休憩用の椅子には、簡単なマッサージ器が用意されていました。

腰のマッサージを受けながらテレビを眺めるのも良いかもしれませんね。

 

ウエットエリアもトイレバス一体型で一般のビジネスホテルと同様の広さ、設備です。

ただ、1階に温泉施設がありますのでそちらを利用できる時間帯であれば温泉に浸かった方が足も延ばせてゆっくり出来ます。

 

アメニティも歯ブラシ・髭剃り・ブラシ・コットン・綿棒・シャンプー・コンディショナ―などごく一般的なものが完備されています。

部屋の作りとしてはごく一般的なビジネスホテルとほぼ同様の作りでした。

 

肝心のトレインビューはいかほど??

西鉄ホテルクルーム博多の売りの一つ「トレインビュー」はいかほどのモノでしょうか?

こちらが、ホテルの部屋からの景色です。

手前から、鹿児島本線・福北ゆたか線・山陽新幹線と博多駅の小倉方の線路が一望できるようになっています♪

 

JR九州は独特の特急デザインと特急至上主義で有名な会社でもありますので様々な車両を楽しむことが出来ます♪

手前の青い車両が883系ソニック、奥の黒い車両が787系有明です。

 

新幹線は小倉駅からやってきた車両・小倉駅へと向かう車両が見る事が出来ます♪

毎度おなじみのN700系。東京からののぞみ号ですね。

 

新大阪駅からの九州新幹線直通列車もしっかり眺める事が出来ます♪

こちらは鹿児島中央から新大阪へと向かうみずほ号ですね。

鉄道マニアならホテルにチェックイン後部屋から一歩も出る事が出来ないような絶景スポットになっていますね♪

 

ホテルの真下は「西鉄バス」の待機場となっているため路線バスが大量に停留していました。

鉄道マニアだけでなく、バスマニアの方にも涎が出る光景だと思います。

 

遠目ではありますが、福岡空港へ着陸する飛行機も眺めることが出来ます♪

JALのボーイング777-200、羽田からの到着便です。

 

ちなみにマニア以外の方にとって心配なのが、「騒音」

今回利用した部屋では全くないと言うと嘘になりますが、殆ど気にならない程度でした。

ただ、部屋を出て廊下を歩いている時は少しうるさいと感じる事もありましたね。

 

1階には宿泊者専用の温泉と24時間営業のローソンが♪

西鉄ホテルクルーム、1階には温泉施設が用意されています。

利用時間(15:00~25:00/6:00~9:30)が限られてはいますが、足を延ばしてゆっくり温泉に浸かれるのはかなりの高評価になるのではないでしょうか?

西鉄ホテルクルーム博多公式HPより

流石に温泉施設で写真を撮る訳にはいきませんので、公式HPより引用です。

温泉施設もちょっとした大浴場とシャワーだけという申し訳程度のモノではなく、露天風呂にサウナ施設もある広々とした入浴施設。

まさに別宅に遊びに来たような感じで寛ぐことが出来るホテルでした。

 

前述したとおり、ホテルの1階にはローソンが入居しています。

24時間営業はもちろん、徳島県産品の販売店に指定されているらしく徳島県の名産品なども取りそろえた面白いコンビニです。

ホテルから内側でも繋がっており、部屋のカードキーを利用すると通り抜けできるドアが用意されていました。

いちいち外へと出なくて良いので便利でしたね♪

スポンサーリンク

まとめ:乗り物好きにはたまらない快適ホテルでした♪

今回宿泊した「西鉄ホテルクルーム博多」、私の中では期待以上でとても好印象の持ったホテルでした!

トレインビューだけでなく、バス・飛行機も楽しめるホテルからの景色。

そして博多駅からのアクセスも良く、お値段もビジネスホテル並み。

手ごろに行くときは「西鉄ホテルクルーム博多」、優雅に過ごす時は「ホテルオークラ福岡」と福岡に出かけるときはどちらにすべきか悩んでしまいそうですね。