トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

【関西ファミリー必見!】無料で展示新幹線を楽しめる公園を知ってる!?~新幹線公園~

 
Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

懐かしの0系新幹線に乗れるのは大阪ではここだけ!

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

皆さんは、丸鼻の0系新幹線をご存知でしょうか?懐かしいと思う方、知らない世代(汗)の方様々な方が来てくださっていると思います。

そんな0系新幹線と無料で触れ合える場所が大阪にあるんです!その名も新幹線公園w

そのまんまの名前ですね・・・

Yuji

今回は、0系新幹線が展示されている摂津市の新幹線公園をご紹介します。

スポンサーリンク


0系新幹線と 電気機関車が公園内でお出迎え♪

新幹線公園は、摂津市の管理で、0系新幹線と電気機関車EF15型が展示されています。

元々は電気機関車のみが展示されていた公園で、昭和60年から0系新幹線も展示されるようになったそうです。

公園の中ではかなりの小規模、新幹線と電気機関車、遊具と休憩スペースが少々、あと簡易トイレがあるだけです。

しかし、横に茂る木は桜の木で春のお花見シーズンは多くのお客さんでいっぱいになるとの事。

また、この新幹線公園の展示車両は曜日指定で内部公開もされているんです!!

公開日は、毎月第二・第四日曜日(3月から5月の毎週日曜日)、そして5月5日子どもの日も公開日に指定されています。

公開時刻は10時~正午まで、14時から16時までの一日2回です。

普段外からしか見られない貴重な車両の内部まで見られるのはまたとない機会♪

是非日程を併せて遊びに出かけて頂きたいですね♪

メインの0系新幹線!!

こちらが、新幹線公園メインの0系新幹線!

東海道新幹線が開業した昭和39年10月1日から運行されている初代新幹線ですね♪

丸鼻の新幹線として有名で超特急「ひかり」や「こだま」として時代の最先端を走り続けてきた車両です。

国鉄民営化直前に100系新幹線がデビュー平成4年に上位種別「のぞみ」で300系がデビューし、晩年は新大阪~博多南間の「こだま」としての運用がメインになり、平成20年には完全引退・運行終了となりました。

展示されている車両は、昭和44年7月に製造され昭和59年10月まで東海道・山陽新幹線を運行していたそうです。

間近で見ると大きさに圧巻です。

実はこの展示されている新幹線、昨年2016年に塗装が違うとマニアからクレームご意見が多数寄せられ塗り直しをさせられる可哀そうな車両です。

お陰様で0系新幹線同様ブルーと白のコントラストが映える展示車となりました。

営業線では絶対できない前面からの撮影も簡単にできますよ♪

 

新幹線の横には0系新幹線の紹介板が設置されています。

こちらもきれいに整備されていますが、誤植が・・・(汗)

2か所ほど違う所があるのが判る人はさすがですねw答えは最下部に・・・

電気機関車EF15型もお忘れなく!

新幹線だけでなく、電気機関車EF15型も展示されています!

こちらは新幹線よりももっと古く、昭和29年に製造され東海道本線や高崎線で貨物列車を引っ張っていました。

晩年は阪和線・紀勢線で働き、昭和58年に廃車されこちらの公園に展示されるようになっています。

丁度入り口にこのような掲示が張られていましたので、5月5日の内部公開は見れないかもしれません・・・(汗)

新幹線公園へのアクセスは?移動中には新型新幹線も♪


今回紹介している新幹線公園は、摂津市にあります!

なぜこのような公園が出来たかというと、真横がJR貨物の大阪貨物ターミナル駅だからなんです。

そしてその隣には新幹線の鳥飼車両基地が設置されています。

このような公園があるのは色々と土地柄鉄道との絡みがあるんですね

Yuji

最寄り駅は摂津市駅ですが、南摂津駅から歩いた方が鳥飼車両基地の端を眺められますのでお子さんも大興奮ですよ♪

距離は約1.3キロメートル。ゆっくり歩いて20分くらいでしょうか?

南摂津駅を降りると、このように新幹線公園の紹介が掲示されています。

モノレールの線路の下をずんずんと進んで行きます。

モノレールが通り過ぎるのを楽しみつつ歩いていれば、1キロの距離もあまり気になりません。

600メートルほど歩くと、東海道新幹線の営業路線と鳥飼車両基地への分岐線が見えてきます。

動いている新幹線はこちらから眺められますw

フェンス&有刺鉄線越しではありますが、休憩中の新幹線が並んでいます。

700系とN700系がメインですが、探すと九州新幹線直通用のN700系やレールスターなどもたまにいます♪

こちらは、門扉越しに新幹線を撮影♪どちらも車両基地側に入る事は出来ません。

一般人の立ち入りは厳しく制限されています。

許可なく新幹線施設・車両基地などに立ち入ると新幹線を止めてしまうだけでなく、新幹線特例法により5年以下の懲役刑を受ける場合があります。

絶対に立ち入らないように注意してフェンス越しに眺めましょう。

新幹線を眺めながら進むと、突き当りに新幹線公園の看板が現れます。

こちらを右折して進めば公園に到着です♪

新幹線公園に駐車場はなし…摂津市役所を利用しましょう!

新幹線公園には、車を置ける駐車場が無いので、摂津市では市役所の駐車場を案内しています。

もし、買い物をするのであれば大日のイオンに車を置いて公園に出かけて帰るのも手だと思います。

帰り道は同じ方向に進まず、摂津市駅方向に進みましょう!!

摂津市からモノレール門真市行に乗車すると、次の南摂津駅までの間に鳥飼基地を見下ろせる絶景が見られます♪

乗車後進行方向左側に陣取ります。

ものの2分くらいで見えてきます♪

奥の新幹線は、東京方面に向かう営業列車です。

鳥飼車両基地にも結構な数の新幹線が休憩していますね♪左から4線目には九州新幹線用の車両が居ます。

この景色は圧巻ですので、是非新幹線公園に行かれる際はお子さんと一緒に眺めてみてください。

スポンサーリンク

まとめ:0系新幹線と電気機関車、今の新幹線も楽しめるマニアスポットw

今回は、摂津市にある新幹線公園をご紹介しました!

新幹線の元祖0系新幹線だけでなく電気機関車や鳥飼車両基地の新幹線を眺められるこの地域はマニアにとっても小さい子供さん連れにも楽しいスポットになると思います♪

是非GW遠出が出来なかったそこの貴方!!お子さんを連れて遊びに行ってみてはいかがでしょうか??

 

えっ?どうしても新幹線に乗りたい?そんなあなたはこちら↓

 

答え:品川駅がない・新山口が旧名(小郡)のまま。皆さんわかりましたか?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Yujiのフライトログ , 2017 All Rights Reserved.