トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

ついにお披露目!!JAL国内線新機材A350-900の座席はどんな感じ!?

Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

新機材搭載の新たな座席仕様でフライトは快適になるのか!?

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

2019年9月に運航開始が決定したJAL新型機材「A350-900」。この機材に搭載される新座席が先日発表されました!

新機材投入に伴い、座席仕様も完全リニューアル!!

気になる「 国内線ファーストクラス 」の座席はどのようになっているのか!?

公式HPや報道機関各種、TwitterなどのSNSにアップされている情報を纏めてみました。

スポンサーリンク

ファーストクラスはクリーム色からブラックへ

Yujiが一番気になる「 国内線ファーストクラス 」。

こちらは、クリーム色から黒を基調としたシートへと大幅にチェンジです。

木目調とクリーム色がマッチした座席は高級感を満喫できるシートでしたが、応接室にあるソファーのような座席へと変わります。

個室のようなプライベートを空間を生み出すために大型なシェルとセンターディバイダ―が用意。ファーストクラスならではの優雅な時間を楽しめる様にしつらえているようです。

シートサイズは前後ピッチ約134cm、シート幅約51cmとなり、777-200と比べ前後ピッチは約4cm、シート幅が-2センチとなっています。

座席数はボーイング777-200と比較し2席減少。2-2-2配列の12席となっています。

 

JAL国内線ファーストクラスより

A350のファーストクラスでは、15.6インチの個人画面が設置される事になりました。

国際線機材ボーイング767-300ER(SS6)のビジネスクラスとほぼ同じ大きさですね。1列目は座席前の壁に設置。2列目は1列目の座席裏に設置されるそうです。

またリクライニングは手動から電動に変更され、自分好みのポジションに電動で動きます♪また、国際線機材には搭載されていたマッサージ機能が、今回A350の国内線ファーストクラスにも導入です!

また各座席にUSBポートとAC電源が用意された小物入れが設置される事で移動中もスマートフォンやタブレット端末などの充電をすることが可能になりました♪

機能面としては、新機材投入により非常にレベルアップしそうですね!

 

クラスJ/普通席にも個人画面・電源は完全設置♪座席はどのように変わった?

 

 

普通席の運賃から+1000円で利用できるクラスJも今回の新機材投入により座席を一新されます!新たな設計に様々な機能が追加されたとの事です。

クラスJにも個人用モニター11.6インチが装備され、機内エンタテイメントシステムを楽しめるようになっています。

シート脇には収納スペースが用意され、座席の画面下にはUSBポート、ひじ掛け中央部にはAC電源が用意され、各座席に設置されます。

座席前後のピッチは約94~96cm(ボーイング777-200比:-1~3センチ減)、シート幅約47cm(ボーイング777-200比:±0)

クラスJは94席用意され、ボーイング777-200と比較して12席増加しています。

 

 

普通席においても座席仕様が変更されます。ヘッドレストが細かく調整可能となり、頭をホールドするようになります。

エコノミークラスにも10インチの個人用モニターが設置される事になりました。これで、機内エンタテイメントを楽しむことが出来ます。

また、USBポート/AC電源も用意されており各座席で充電が出来る様になっています。

座席数は263席で、ボーイング777-200と比較して16席減少しています。

 

機内エントランス(L1)には鶴丸エンブレムも♪写真で見る印象はいかに!?

 

 

JAL公式Facebookより

JAL公式Twitterより

今回の新機材A350導入に伴い、座席や内装も一新され、飛行機の玄関口であるL1扉のエントランスにはJALのエンブレムが設置されるとの事。

飛行機に登場する際もラウンジの入り口のように「今からJALを利用するんだ~」という気持ちを高ぶらせることが出来そうです♪

黒を基調としたファーストクラス席は、とても良いのではないでしょうか?座り心地や使い勝手は実際に利用してみないとわからない部分もありますので、実際に搭乗してみての感想を早く伝えたいですね!

ただ、気になるのは他会社のプレミアムクラスの新デザインと非常に似ている点。

シートで大差が出ないとなると、サービスで差をつけていかないといけなくなりますが、最近のファーストクラスのサービスを見ていると…(汗)

新たな機材を導入していく分、人のサービスもしっかりとレベルアップしてくれることを祈りたいと思います。

 

JAL新機材A350に乗るには!?

新機材A350の導入は9月1日、羽田=福岡線から投入されます!

便名 機材 発地 着地 備考
JL303 A350
(F/J/Y)
羽田
06:15
福岡
08:05
JL317 A350
(F/J/Y)
羽田
12:10
福岡
14:00
JL329 A350
(F/J/Y)
羽田
18:10
福岡
20:00
JL306 A350
(F/J/Y)
福岡
09:00
羽田
10:35
JL318 A350
(F/J/Y)
福岡
15:00
羽田
16:40
JL332 A350
(F/J/Y)
福岡
21:00
羽田
22:40

※9月1日のみボーイング777-200にて運航予定

デビュー当初は羽田=福岡線3往復にて運航されますが、今後羽田=新千歳/那覇線へと導入が進むと思われます。

9月1日からのJAL 航空券予約は、2ヶ月前から発売を開始されますので7月の初めから予約が開始されます。

クラスJ/エコノミークラスは、JAL 先得割引にて発売を開始されていますのでお得に搭乗するには予定を開けて早めに購入する事をお勧めします!

 

スポンサーリンク

まとめ:最新機材でのフライトが非常に楽しみです♪

今回は最新機材A350の内装・新座席発表に伴い、現在判る限りの情報を集めてみました。

大きく進化した座席と最新機材の導入でフライトがどのように変わっていくのか!?

これから非常に楽しみです♪

なおA350の導入だけでなく、羽田=伊丹線にはボーイング787-8(国内線仕様)の導入が予定されています。

内装も今回発表された新座席と同様の座席が踏襲されるのではないかと考えています。

こちらの発表も待ち遠しい限りです♪

新機材の導入後は早いうちに実機に搭乗してレポートをこちらに載せていきたいと思います♪

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yujiのフライトログ , 2019 All Rights Reserved.