トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

【緊急連絡】どうでしょう藩士よ!HTBは9月14日で移転。今すぐ聖地へ集まれ!!

 
Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

時代を紡いでいた南平岸はこの夏が最後!!本丸討ち入りはお早めに!

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。今日はどうでしょう藩士として同士諸君に緊急のお知らせです。

水曜どうでしょうを生み出したHTB(北海道テレビ放送)が開局50周年を記念して2018年9月18日に札幌市中央区の「さっぽろ創世スクエア」に本社を移転します。

それに伴い、聖地である南平岸の本社ビルは2018年9月14日に閉鎖される事が決定されました。

移転日の情報を道外民Yujiはつい先日知り、びっくりしました

Yuji

今まで我々どうでしょう藩士の討ち入り(聖地巡礼)を温かく迎えてくれていた南平岸の見学ロビー&グッズ販売および喫茶コーナーも移転に伴い営業が終了する事となりました。

学生時代どうでしょうにお世話になったYujiとしても閉鎖前に再度討ち入りがしたいと思い、現地に行ってきました。

スポンサーリンク

南平岸の坂の上にあるHTB本社(屋根上のonちゃんが目印)

現在のHTB本社の最寄り駅「南平岸駅」にやってきました。

ここから東(ローソン側)に向かって進むと、HTB本社ビルが見えてきます。水曜どうでしょうでもよく見たビルの上の「onちゃん」が目印です。

平地のように見えますが、この先は自転車では辛いくらいのかなりの坂道。

キャリーバックなどは宿泊先や札幌駅のコインロッカーに預けてから行く事をお勧めします。

 

徒歩5分程度でHTB本社ビルに到着です。

垂れ幕(懸垂幕)には「ありがとう南平岸」と水曜どうでしょうの印がしたためられています。

この言葉を書かれたのは「うれしー」こと嬉野ディレクター(カメラ担当)。

やはりHTB現庁舎の締めをくくるのもどうでしょうメンバーですね。

 

玄関へやってきました。等身大?onちゃんと、HTB訪問記念の顔出しパネルが用意されています。

顔出しパネルにはOkちゃんとnoちゃんが描かれていますね。onちゃんも水曜どうでしょうが放送されていた頃はonちゃんとokちゃん、noちゃんの3人くらいしかいませんでしたが、今やonチャン含めて18人のメンバーとなり、onちゃんは豊平区の住民としても登録されています。

玄関口横には、開局50周年のモザイクアート(?)も特別に設置されていました。

 

 

近くで見ると、HTB政策の番組ロゴやキャラクターで構成されているのがよくわかります♪もちろん「水曜どうでしょう」のロゴもしっかりとあります!

またonちゃんに混じって「藤やん」こと藤村Dもキャラクターとして登場しています。この写真にも写っていますが、是非現地で確認してみて下さいね♪

それでは中にお邪魔させてもらいましょう。

 

玄関を抜けると、ロビーにonちゃんと水曜どうでしょう関連のモノが所狭しと並んでいます♪

我々どうでしょう藩士にとっての聖地。ここに立てるだけで感動と興奮が止まりません。

こちらのロビーは2012年に改装され、それ以前に訪れた方は印象がかなり違ってくるのではないでしょうか?

 

真正面にはHTBのマスコットキャラクター「onちゃん」が我々をお出迎えしてくれます。

右にちょっこっと写っているonちゃんの箱はゴミ箱ですね。

 

そして、我々が愛してやまない「水曜どうでしょう」コーナー

この時は「ヨーロッパリベンジ」と「ヨーロッパ完全制覇」の写真、そして鈴井さん、大泉さんのお二人が来ていたTシャツが展示されていました。

Yujiはすでにローソンさんに年貢を納めておりますw

Yuji

パネルの下には、歴代の発売DVDの予約特典の一部が展示されていました。
藩士の方々ならこの展示品を見るだけで、「あのシリーズだな」とにやけられるのではないでしょうか?
片隅には藤やん(藤村D)の顔を模したこけし通称「ひげこけし」が展示されています。
~おさわりください~とありますので優しく触ってみましょう。購入は金拾弐万円だそうです。
世界に1個しかない(?)ひげこけし、本当に12万円を出せば買えるのでしょうか?是非どなたかにチャレンジしてもらいたいですねw
また、柱には過去藤村Dと嬉野Dが全国行脚を果たした「どうでしょうキャラバン」の模様を振り返るパネルが用意されています。
「どうでしょうキャラバン」に参加された方はその日の思い出を振り返ってみたり、ご自身が写っていないか探してみたりするもよし。
参加できなかった方は、その当時の盛り上がりを写真から楽しんでみてはいかがでしょうか?
なお、パネル展示の写真に関してはSNS等での拡散を控えるようお上(どうでしょう班)からお達しが出ています。
Yujiのフライトログでも写真部分には加工処理を行って公開させて頂いております。ご了承ください。
こちらのパネルに関しても是非聖地へ赴き、楽しんでいただきたいと思います♪
もちろん、HTBでもどうでしょうグッズ・onちゃんグッズが販売されていますよ!
是非お気に入りの一品を見つけてお布施していってください♪
Yujiは水曜どうでしょうにドはまりした元凶、「サイコロの旅」で使用されたサイコロキャラメルを購入しました。
HTBにて発売されているサイコロキャラメルは水曜どうでしょう限定デザイン商品です。
一般のサイコロキャラメルは全国発売が終了し、北海道限定で販売されていますので北海道のスーパーで購入して比較してみるのも面白いかもしれません♪
ロビー中央には記念スタンプが3つ用意されており、onちゃんデザインの可愛いスタンプになっています。
左端のスタンプが水曜どうでしょう.verで、HTB本社ビルと「HTB本丸討ち入り記念」と「水曜どうでしょう」のロゴが纏められています。
玄関ロビーには喫茶店も併設されており、冷たいものを飲みながら休憩できるスペースになっています。
喫茶店の中にもonちゃんと水曜どうでしょうグッズが用意されています。
Yujiが頂いたのは、アイスコーヒー(\250-)onちゃんグッズでコーヒーを頂きます♪
まずは、お水が入っているのはonちゃんカップ。
アイスコーヒーの下にはOkチャンのコースターが敷かれています。
おぼんはおにぎりのような形で「onCafe」と描かれていました。
恐らくHTBのローカル番組「おにぎりあたためますか」を模して作成されたお盆なのでしょう。
喫茶店の棚にも水曜どうでしょうを含めたHTB関連の商品が並んでいます♪
一番端には、onちゃんが豊平区の特別住民登録された時の住民票が掲示されていました。
移転後は中央区民となるはずですが、転出届は出すのでしょうか・・・?

HTB本社ビルの外にも聖地が溢れています♪

玄関ロビーを一通り楽しんだ後は、外の聖地へと足を運びましょう!

まずは、HTB本社ビルの裏側に回って通用口(裏口)へ!

 

水曜どうでしょうで数々の企画が発表された企画発表のメッカ~HTB通用口~。

車の出入りもあるので、外から邪魔にならないように見学です。

お見舞いされたonちゃん安田さんはエビアレルギーを発症し、その模様をそのまま放送し、DVDにして発売するとはさすがですww
そして、水曜どうでしょうの「前枠・後枠」撮影に使われていた平岸高台公園。
こちらもHTB本社ビルから目と鼻の先にあります。
こちらの方が藩士の皆さんも喜ぶのではないでしょうか?
鼻付き眼鏡をかけた気持ちで「アメリカの有名人~私は~誰で~SHO~W!!」と心の中で叫んでみてはいかがでしょうか?
この平岸高台公園も初めて来たのに、馴染みの公園のような気分にさせてくれる。
水曜どうでしょうの「前枠・後枠」は恐ろしいものです。

HTB本丸討ち入り時の注意点(7/27~7/30は納涼イベントもあるよ!)

今回HTB本社へお邪魔して、気になった点・注意点などをお伝えしておきます。

まずはHTB本社の営業時間。

玄関ロビーは月~金9:30~18:00、土・日・祝は10:30~17:00です。

喫茶店は月~金10:00~17:00、土・日・祝は11:00~17:00(全日L.O16:30)です。

グッズ販売は月~金10:00~17:00、土・日・祝は11:00~16:30です。

営業時間外に討ち入りしても、見学等は出来ませんので時間内に伺うようにしましょう。

 

また夏休みに入り、特に土日などは討ち入りする藩士も多いため営業時間内でも混雑時は入場を規制される場合もあります。

その際には警備の方に従いましょう。

 

また、HTBは住宅街の真ん中にあるテレビ局です。

我々が聖地としている平岸高台公園も周辺住民の憩いの場であり子供たちの遊び場です。

別の日に訪れた際大騒ぎする藩士を見受けましたが、周辺住民の方々に迷惑をかけては本丸に迷惑が掛かります。

藩士であればお上に迷惑をかけると切腹ものです。どうぞお気をつけて楽しく討ち入りしましょう。

HTB公式HPより
なお、7月27日~30日までの4日間は「HTB納涼イベント~ユメミル、ひろば2018~」が開催されます。
会場では50周年の特別ポストカードを含めたグッズ販売コーナーの他、onちゃんやどうでしょうグッズが貰えるくじ引きなどが開催されるそうです。
お時間に都合がつく方はこの時を見計らって討ち入りをしてもいいのではないでしょうか?

気になるHTB新本社ビルの場所は?

HTBの新本社ビルは、札幌の中央区竣工した「さっぽろ創世スクエア」に入居が決定しています。

札幌市営地下鉄「大通駅」の31番出口から徒歩2分のところにあり、北海道のNHKと民放テレビ局全てが中心部に集結しました。

 

HTBの最上階部分にあたるのでしょうか?

南平岸の旧本社ビルのようにonちゃんがこちらをむいて手を挙げていますね。

 

HTBの玄関口になるであろう部分には、すでに「HTB」のロゴが用意されていました。

中の様子を見てみると、内装工事や準備が着々と進んでいる感じでした。

 

気になったのが、南平岸の本丸のように玄関ロビーでの展示があるのか?

関係者に聞いてみたところ、「同じようなモノが出来るかはまだ知らされていない」との回答でした。

新社屋に移転した際は、新社屋にも討ち入りをしなければいけませんね。

HTB本丸へのアクセスは??

南平岸の本社ビル閉鎖まであと2か月を切っています。
藩士の皆さんなら、出演者に倣って、はかた号・ラフォーレ号・高速はこだて号(旧:オーロラ号)の「3夜連続 深夜バス逆打ち」で来られますか?
そんなことをしたらケツの肉が取れてしまいます。
カブで北海道まで乗り込む?
いやいや、ウィリーしてケガするのがオチなので止めましょう。
サイコロの目が出る方向へ流される?
北海道に行きたいのに四国や九州に飛ばされますので危険です。
黙って、飛行機を選択して向かいましょう。
JAL(日本航空)では、新千歳空港から道外へ青森・三沢・秋田・花巻・仙台・新潟・東京(羽田・成田)・名古屋(中部)・大阪(伊丹・関空)・徳島・出雲・広島・福岡の空港と結んでいます。
直行便が無い都市は、羽田空港経由も検討してみてはいかがでしょうか?
割引航空運賃は、3日前までの予約だとJAL 特便割引3(スリー)。特便21なら、ご搭乗日21日前でも まだまだおトクな運賃もあります。
宿泊を含めて予約をするのであれば、往復航空券とホテルがセットになっているJALダイナミックパッケージ が安くてお勧めです!
札幌新千歳空港までは羽田から約1時間30分、関空・伊丹から約1時間50分、名古屋(中部)からは約1時間40分です。
なお新千歳空港からは、JRと地下鉄を乗り換えて南平岸駅まで向かう手があります。
JRは快速エアポートに乗車して札幌駅まで約35分。その後地下鉄に乗り換えて約15分で南平岸駅へと到着です。
新千歳空港~JR札幌駅まで1070円。Uシートを利用する場合+520円です。
札幌駅~南平岸駅までの地下鉄は250円です。JR料金と併せると1320円(Uシート利用は1840円)です。
前述しましたが、南平岸駅からHTB本丸までは坂道なので、大きな荷物がある場合はホテルに預けるか札幌駅などでコインロッカーを利用する事をお勧めします。
南平岸駅の真駒内駅寄りホームからはHTB本丸上のonちゃんが見えますので、そちらに向かって進めば初めての方でもわかりますので安心してください。
大泉さんのような芸能人気分を味わうのであれば、空港からタクシーで直接本丸討ち入りをしてみるのも楽しい思い出の一つになるでしょう。
MKタクシーの場合、新千歳空港からHTB本社のある豊平区までは定額運賃で中型¥6700円、アルファードの場合¥8700円(いずれも高速料金1300円程度が別途必要)で利用できます。
中型車(最大定員4名)を利用すれば高速料金込みで2000円。アルファード(最大定員5名)なら高速料金込みで2000円で利用できます。
グループで行くのであれば、定額タクシー(約2000円)とJR料金(Uシート利用1840円)がほぼ変わらないのでこちらもお勧めです。
新千歳空港から利用する場合は、利用の2時間前までに予約が必要です。
出発空港に到着する前にはMKタクシーの予約アプリから注文をすることをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ:本丸討ち入りはお早めに!残り期間は2か月ないぞ!

今回は、正式発表されていたHTB本社ビルの移転情報と本丸討ち入り(聖地巡礼)の模様をお送りしました。

我々どうでしょう藩士にとって聖地の中心である「HTB本社」。

移転は寂しい事ですが、大泉さんの「一生どうでしょうします!」の宣言の下、今でも毎年様々なイベントやDVDの発売が続いております。

新しい本社ビルからお送りする新作とこれからのHTBの進む道を楽しみに待ちましょう♪

Comment

  1. タヌキ猫 より:

    yujiさん、こんにちは!!

    いや~とうとうこの日が来てしまいましたねぇ…
    かくゆうタヌキ猫も雪の積もる中、ここまで
    行ってきましたからねぇ(笑)

    裏口のあの画ほしかったなぁ(笑)
    公園では、それこそ、滑ってみたかったけど…
    いやいや、あれって怖いって(笑)

    でも、まだ今の社屋があるうちに行けただけでも
    いい思い出となりましたね。

    新社屋はホント札幌のど真ん中で
    あんな近代化しちゃっていいのかしら?

    っていう感じですが、それこそ札幌へ
    訪れた際は…一度は足を向けてみたいですよね(笑)

    タヌキ猫でした。

    • Yuji Yuji より:

      タヌキ猫さん、こんばんは!Yujiです。

      新社屋への移転が決まって暫く経ちましたが、とうとうこの日がやってきましたね。
      今週末の予定でしたが、地震の影響が出ていないか心配な所もありますね。

      最後まで我々「どうでしょう藩士」を楽しませて貰えただけでなく、これから先の新しい社屋でも楽しめるスペースがどのように出来るか楽しみですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Yujiのフライトログ , 2018 All Rights Reserved.