トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

JALで行くオーストラリア・シドニー!ビジネスクラスはどんな座席?

Avatar photo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

海外旅行に出かける時に、皆さんはどのように航空会社を決めていますか?

絶対日本語が通じる日系航空会社、現地の雰囲気を楽しむための現地の航空会社、ツアーで決めるから何も考えない等様々な考えを持っていると思います。

今回はオーストラリア・シドニー直行便を有するJALのビジネスクラスの座席とサービスを紹介します。

新型コロナウイルスに伴い、急きょ変更等が発生する事があります。

最新情報の収集に努めていますが、オーストラリアや日本国各政府機関の情報の確認もお願い致します。

 

スポンサーリンク

JALオーストラリア・シドニー直行便は成田から1日各1便!(JAL771/JAL772)

Boeing787-8

オーストラリア・シドニー国際空港へJAL直行便が飛んでいる空港は2022年3月現在羽田空港の1か所から発着しています。

まずはフライトスケジュールを確認してみましょう。

新型コロナウイルスに伴う運行状況は以下の通りです。

JL 51 (B787-9/SS9)22.10/30-23.3/25 毎日運航

羽田(HND)19:30発→シドニー(SYD)06:25(翌日)着

JL 52 (B787-9/SS9)22.10/30-23.3/25 毎日運航

シドニー(SYD)8:15発→羽田(HND)17:05着

 

日本発は夜出発、シドニー発はお昼に出発のダイヤが組まれており、日本発の飛行時間は約10時間、シドニー発の飛行時間は約10時間です。

JL771/JL772はラン航空(LA7467/LA7468)とのコードシェアが組まれています。

シドニー空港からはカンタス航空、ラタム航空の3社にコードシェアを行っておりシドニーから先の乗継に対応しています。

 

カンタス航空

オークランド

 

ラタム航空

サンディアゴ

 

東京=シドニー線をビジネスクラスで利用するとフライトマイルは6079マイル(125%積算の場合)、JMBダイヤモンドステータス保有者だと最大で13982マイルが獲得できます。

FLY ONポイントは9518FLY ON ポイント(125%積算の場合)です。

シドニー線を特典航空券にて搭乗を検討している方は、ビジネスクラス特典航空券は基本マイル40,000マイル(片道)~PLUS最大マイル数が178,000マイルです。

 

ビジネスクラスの座席はフルフラットシートの「JAL SKY SUITE」!

「JAL SKY SUITE」座席

東京=シドニー線はボーイング787-9(SS9/JAL SKY SUITE)という機材で運航されています。

主要幹線に投入されているボーイング777-300ER(SS7)と同等の座席シートを設置しており、全席通路アクセス、就寝時はフルフラットベッドになるなどビジネスクラスでは最高峰の設備で、一回り小さいファーストクラスと言っても過言ではありません!

2019年3月にシアトル線の就航に伴い、ボーイング787「JAL SKY SUITE」搭載機材にビジネスクラス・エコノミークラスの2クラスタイプが登場し、フルフラットシートの「JAL SKY SUITE」にて就航しています♪

「JAL SKY SUITE」モニター

座席には23インチの大型テレビモニターが設置されており、機内エンタテイメントシステムにはMAGIC-Vが用意されています。

ボーイング787機材ですので、特別エンタテイメントサービス「SKY MANGA」が展開されており機内で電子漫画を読むことも可能です。

ビジネスクラスには全ての座席にコンセントが設置されており、国際線機内Wi-Fiサービスも利用が可能です!

 

是非快適になった座席でシドニーへ遊びに行って頂きたいと思います♪

 

JALシドニー線のビジネスクラスはどのようなサービス?

JALチェックインカウンター

JALオーストラリア・シドニー線のビジネスクラスでは、どのようなサービスになるのでしょうか?

シドニー線は約10時間の長距離フライトに分類され、サービスは欧米路線やオーストラリア線の長距離線タイプでの提供です。

 

機内の楽しみの一つ!機内食はBEDDはほぼ最高サービス!アメニティは?

2020年10月の東京発メニューでは、和食は東京銀座「蓮」の三科惇氏、洋食はフランス料理「L’Effervescence」のグランシェフ 生江史信シェフが監修する献立です。

JALビジネスクラスメニュー

メインディッシュは離陸後1時間前後で提供されます。

日本時間では丁度いい夕食ですし、シドニー時間で考えても午後10時位になります。

時差ボケを考えると、ラウンジで軽食を取り、機内では休んでおいた方が良いかもしれません。

機内食を頂かない事はYujiではありえませんw

Yuji

 

2022年10月6日以降搭乗分より機内食事前予約専用メニュー「EXPRESS MEAL」が誕生しました!

羽田発シドニー行JAL51便も対象路線となっています。

第一弾のメニューは、麻布飯倉に本店を構える五代目 野田岩の蒲焼をメインにした「うなぎ御膳」です。

専用メニューは国際線出発25時間前までにJAL Webサイトにてサービス申し込みを行う必要があります。

新たに始まったこのサービス、是非利用してみてはいかがでしょうか?

 

ビジネスクラス「ANYTIME YOU WISH」

メインの機内食を頂いた後は、「ANYTIME YOU WISH」として希望の時間に好きなものを頂くことが出来ます。

メニューはサラダにカレー、麺類やサンドイッチ、フルーツやアイスクリームなどが提供されます。

大食漢のYujiでもさすがに全てを頂く事は出来ないほどの品ぞろえです!

ANYTIME YOU WISHは、到着前約1時間30分前まで頂くことが可能です。

 

また、到着前には和食・洋食・洋定食どちらかの食事が提供されます。

フミコの和食

機内食のメニューは毎月変更されていますので、出発前に公式HP:ビジネスクラスで確認は必須です!

 

JALビジネスクラス公式HPより

 

機内では快適に過ごせるために特別アメニティも提供されます。

アメリカ・ダラス線では、パリブランド「Maison Kitsuné(メゾン・キツネ)」とコラボレーションしたアメニティセットが提供されます!

アメニティの中には歯磨きセット・モイスチャーマスク・耳栓・アイマスク・ポケットティッシュ等が入っています。

機内で客室乗務員から提供されるか座席に用意されています。機内で使うもよし、ホテルに持ち帰って利用するもよしです!

 

出発前の快適空間は「JALサクララウンジ」「Qantas Club Lounge」を利用♪

JALサクララウンジ

ビジネスクラス利用のお客様には、出発前に各空港のラウンジも利用が可能です!

羽田空港ではJALが運営する「サクララウンジ」が利用可能です。

 

シドニー線が出発する時間帯はラウンジも混雑時間帯なので羽田空港ではにラウンジ内かなり混雑しています。。。

ゆったりと過ごすのであれば早めにチェックインしてラウンジの席を確保する事をお勧めします。

 

一方シドニー・キングスフォード・スミス国際空港では、「Qantas Club Lounge」を利用する事になります。

 

新型コロナウイルスの影響のため、羽田空港では「サクララウンジ」の営業時間変更が急遽行われる可能性があります。

また、シドニー・キングスフォード・スミス国際空港では、「Qantas Club Lounge」が利用できます。

 

コロナウイルスに伴う出入国対応は?

新型コロナウイルスに伴い、国際線の利用が非常に厳しくなっています。

オーストラリアとの出入国はどのようになっているでしょうか?

オーストラリアは、2022年7月6日以降新型コロナウイルスワクチンに伴う入国制限は撤廃されました。

なお、ビザなし入国の場合、電子渡航認証(ETA)「オーストラリアETAアプリ」の取得が必要です。

在オーストラリア日本大使館 https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在日オーストラリア大使館 https://japan.embassy.gov.au/

 

日本への帰国の際には、ワクチン接種証明書(3回以上接種)を保持している場合は入国制限はありません。

なお、ワクチン接種証明書が無い日本人を含むすべてのへ入国者は「72時間以内に受けた陰性検査証明」の取得が必要です。

到着時の検査及び入国後の自宅待機等は不要となっています。※別途指示がある場合はその指示に従う必要あり。

なお、11月1日以降は「Visit Japan Web」にて登録を行うことにより日本への入国の際ファストトラックを利用することができます。

 

オーストラリア入国には大きな制限なく、日本帰国時も大きな障害がなくなりました!!

これで海外に出かけやすくなりますね♪

スポンサーリンク

まとめ:シドニーを楽しむためにも快適なフライトのチョイスを♪

今回はオーストラリア・シドニー線に投入されていますビジネスクラスを写真や経験からご紹介しました。

過去にはファーストクラス搭載機材で運航されていたシドニー線ですが、現在は機内気圧も高くビジネスクラスも快適なBoeing787にて運航されています。

到着してからの活動が非常に快適なJALシドニー直行便、是非観光やビジネスで利用してみてはいかがでしょうか?

 

オーストラリア・シドニーへ出かける際の航空券は、日本航空 国際線航空券から購入できます。

また、ホテルやオプショナルツアーもセットに購入を検討している方はJALPAKの「オーストラリア・ニュージーランド おすすめツアー」で様々なプランが用意されています。

アフターコロナ旅の検討にぜひいかがでしょうか?

 

JALPAK公式サイトはこちらから↓


この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yujiのフライトログ , 2022 All Rights Reserved.