The following two tabs change content below.
Yuji
Yuji
トラベルライター・移動のプロフェッショナル。
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら

運行初日に乗車!落ち着きある車内で快適な移動を♪

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

日本の無料特急で一番豪華と言われる京阪特急に初めての有料車両「プレミアムカー」が登場しました!

京阪・阪急・JRと熾烈な競争が繰り広げられている京阪間の輸送に新たに登場した有料豪華車両、果たして追加料金を払う価値があるのか?

運行開始初日、実際に乗車して体験してみました♪その模様をお伝えします。

スポンサーリンク

京阪プレミアムカーに乗って大阪淀屋橋へ

今回乗車したのは、京都側の始発駅である出町柳駅から大阪側の終着駅である淀屋橋駅まで。

運行開始初日という事で、かなりの見物客が出町柳駅にもやってきていました。

 

駅コンコースには、プレミアムカーデビューを宣伝するポスターも掲示されています。

 

 

ホーム上には、プレミアムカーの空席状況が表示されていました。

大阪からのプレミアムカーは軒並み満席でしたが、京都からのプレミアムカーは初日でもこのように予約が取れるくらいの空席はありましたね。

ホーム上ではプレミアムカー券を発売していませんので、改札窓口での購入or携帯でのネット予約が必須です。

 

プレミアムカー乗車口側の柱には分かり易いようにこのような表記がされています。

 

淀屋橋からの京阪特急が到着しました。折返し準備が整い次第淀屋橋行となります。

 

ブレブレですが・・・

8両編成の内、プレミアムカーは6号車に連結され、車両京都寄りに1枚扉で乗車口が設置されています。

 

随所にプレミアムカーの表記と、京阪特急のはとマークに三ツ星のデザインが描かれています。

 

外から眺める人も多く、注目の高さが伺えます。車内整理・座席転換が済み次第乗車です。

 

車内は予想を上回る快適・豪華仕様♪

プレミアムカーの座席は1-2席の3席仕様が12列の36席と車端部に車いす利用が可能なスペースがある2席×2列の全部で40席に抑えられています。

やはり乗車直前の購入が多い様子で、発車後の乗車率は80%を超えていました。

 

今回は他の方の邪魔にならないよう車端部を確保。

今までの京阪特急の豪華さに+αを超える座席がお出迎えです。

座面は黒を基調としたシックなカラーにモケットのフカフカ感が体を包み込んでくれます。

 

プレミアムカーの座席は京阪では初めてのリクライニング可能なシートになっています。

シートピッチも広いため、完全にリクライニングを倒しても後ろの人の邪魔にもなりにくいです。

 

大きく出ているヘッドレストは、混雑時に他の乗客が来てもプライベート感を損なわない仕様になっています。

 

4人で移動する方なら、座席を回転させて一緒に移動することも可能です。

このような使い方をするなら車端部を使えばほぼ貸切モードですね♪

ただしこの部分は車椅子利用客優先のため、前日までは予約は不可です。

 

座席背面には、ジャケットホルダーにテーブル、ドリンクホルダーなどを設置。

座面の黒とは反対にベージュカラーで纏められています。

 

テーブルは小型のノートパソコンやタブレット端末が置けるくらいの大きさ。

 

端となる座席は進む方向によって座席背面のテーブルが利用できないので、窓側席に簡易のテーブルが用意されています。

 

併せて座席に収納されているドリンクホルダーも用意されており、テーブルが利用できない不便さを感じさせない努力がされています。

 

座席中央のひじ掛けにはコンセントが用意されています。

今や現代人の必須となっているスマホの充電にこちらも重宝しますね。

 

車内には沿線企業パナソニックの空気清浄機「ナノイー」が設置されており、微粒子イオンで空気を浄化しているそうです。

 

キャリーバック等の大きな荷物を収納できるラゲッジスペースが用意されていました。

 

車内サービスはまずまず…ネット環境は残念。

プレミアムカーには一般車には無い車内サービスが提供されています。

車内のアテンダントに申し出れば、プレミアムカー専用のブランケットの貸出があります。

京阪電車は関西の中でも冷房がしっかり効いている会社なので、この時期でも女性には嬉しいサービスだと思います。

 

車内のアテンダントに申し出れば、携帯電話の充電器も貸出してもらえます。

ブランケット同様数に限りがあるようです。

 

シートバックポケットには、プレミアムカーの車内サービスを紹介するパンフレット(一枚もの)

表面は車内限定商品の紹介です。

限定商品は車内アテンダントに申し出ると購入出来ます(現金Only)

左のケースが「プレミアムカーオリジナルセンス(¥4000-)」

中身を見ましたが、作りがちゃっちいのでハズレ商品でした。普段使いには厳しそうです。

右が「プレミアムカーオリジナルブックカバー(¥2000-)」

プレミアムカーの生地と同じモノを利用しており、ブラックとベージュの2種類が用意されています。

こちらは作りもしっかりしてますのでお買い得だと思います。

文庫本サイズの大きさなので、読書家の方は是非お買い求めてはいかがでしょうか?

 

裏面は貸出品とWiFiサービスの紹介にあわせて京阪電車の路線図が印刷されています。

 

京阪沿線(主に京都)を紹介するフリーペーパー「おけいはんLeaf」

 

大阪中之島のフリーペーパー「月刊島民」が用意されていました。

 

 

プレミアムカーには、フリーWiFI「KEIHAN FREE WiFI」が提供されています。

メールアドレスの登録一つで乗車中のWiFi環境が提供されます。

車端部だからでしょうか、通信速度はかなり遅くメールの送受信がやっとの環境でした。

WiFi環境はご自身で用意される方が良いと思います。

 

プレミアムカーに乗るには?

プレミアムカーに乗車するには、乗車券のほかに「プレミアムカー券」という座席指定券の購入が必要です。

インターネットまたは、特急停車駅の「プレミアムカー券/ライナー券うりば」で、乗車14日前の10:00から発車時刻3分前まで購入が可能です。

インターネットでは、クレジットカード決済。駅売り場では現金決済の取扱いです。

プレミアムカーは特急型車両8000系に連結されており、運行時刻などは京阪HPの時刻表にてご確認ください。

料金は、淀屋橋~樟葉間の相互発着と枚方市~出町柳間の相互発着の場合400円。その他は500円です。

なお、6号車のプレミアムカー以外の一般車・ダブルデッカーは乗車券のみで乗車可能です。

スポンサーリンク

 

まとめ:実際に乗車して、プレミアムカーはお得でした!

今回乗車してみて、プレミアムカーは「お得」だと感じました。

関西のみなさん、是非一度乗車してみてこの快適な車内空間を体験してみて下さい!

淀屋橋~出町柳間の運賃より高い+500円という価格でも安いと感じるしっかりとした作りに京阪電車が「プレミアムカー」に掛ける熱意を感じるくらいです。

ちょっとしたお出かけや観光にワンコインの贅沢「プレミアムカー」を利用してみてはいかがでしょうか?