トラベルライター兼移動のプロ「Yuji」が飛行機や空港の話、旅行記諸々を書き綴ってます。

JALで行くフィリピン・マニラ!ビジネスクラスはどんな座席?

Yuji
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

移動をこよなく愛する男、トラベルライター「Yuji」です。

海外旅行に出かける時に、皆さんはどのように航空会社を決めていますか?

絶対日本語が通じる日系航空会社、現地の雰囲気を楽しむための現地の航空会社、ツアーで決めるから何も考えない等様々な考えを持っていると思います。

今回はフィリピンの首都マニラ直行便を有するJALのビジネスクラスの座席とサービスを紹介します。

スポンサーリンク

JALフィリピン・マニラ直行便は成田・羽田から1日3便!(JL77/JL78/JL741/JL742/JL745/JL746)

フィリピン・マニラ「ニノイ・アキノ国際空港」へJAL直行便が飛んでいる空港は2019年12月現在成田空港・羽田空港から1日3往復就航しています。

まずはフライトスケジュールを確認してみましょう。

便名 機材 発地 着地 備考
JL77 788
(C/Y)
羽田
01:30
マニラ
05:30
JL741 SS9Ⅱ
(C/PY/Y)
成田
09:20
マニラ
13:25
※1
JL745 788
(C/Y)
成田
18:10
マニラ
22:15
JL746 788
(C/Y)
マニラ
09:40
成田
14:50
JL742 SS9Ⅱ
(C/PY/Y)
マニラ
14:40
成田
19:50
※1
JL78 788
(C/Y)
マニラ
23:45
羽田
04:50

※1:2019年11月4日~2019年12月17日/2020年2月1日~ SS6にて運航

 

成田発は午前と午後に出発するダイヤ、羽田発は深夜便として日をまたいで出発するダイヤになっています。

マニラ発は、成田行きが午前とお昼過ぎに出発し羽田行は夜に出発するダイヤが組まれています。

日本発は約5時間、マニラ発も約4時間の飛行時間です。

羽田発着便であるのJAL77便・JAL78便は、機内泊となる深夜便フライトとなります。

 

東京=マニラ線をビジネスクラスで利用するとフライトマイルは2350マイル(125%積算の場合)、JMBダイヤモンドステータス保有者だと最大で5405マイルが獲得できます。FLY ONポイントは3925FLY ON ポイント(125%積算の場合)です。

マニラ線を特典航空券にて搭乗を検討している方は、ビジネスクラス特典航空券は基本マイル24,000マイル(片道)~PLUS最大マイル数が95,000マイルです。

 

ビジネスクラスの座席は「JAL SKY SUITEⅡ/JAL SKY SUITEⅢ」・「JAL SHELL FLAT NEO」が搭載!

フィリピン・マニラ線には成田線ではボーイング787-8(788/ JAL SHELL FLAT NEO)またはボーイング787-9(SS9Ⅱ/ JAL SKY SUITE Ⅲ)orボーイング767-300ER(SS6JAL SKY SUITE Ⅱ)での運航、羽田線はボーイング787-8(788/ JAL SHELL FLAT NEO)で運航です。

 

ボーイング787-8(788/JAL SHELL FLAT NEO)

JAL SHELL FLAT NEO座席

JL77/JL78/JL745/JL746便に利用されているボーイング787-8は、JAL SHELL FLAT NEOを搭載しています。

JAL SHELL FLAT NEOはほぼフルフラットになりますが、完全なフルフラットシートではないライフラットシートです。

と言いつつも、飛行機は水平飛行と言いつつ、2~3度上を向いて進んでいるのでライラットシートでも快適に利用する事が出来ます♪

JAL SKY SUITEシリーズの導入が進み、見劣りするかもしれませんが快適なシートであるのは間違いありません!

 

JAL SHELL FLAT NEOモニター

座席には15.4インチの大型テレビモニターが設置されており、機内エンタテイメントシステムには「SKY MANGA」に代表される電子書籍を含めたMAGIC-Vが用意されています。

ただし最前部の座席には大型テレビモニターが設置されていないので、映画や電子書籍などのエンタテイメントを楽しみたい方は最前部を選択する事はやめておきましょう!

逆に羽田発着のJL77便/JL78便は、深夜便としての運航となるので最前列でゆっくり寝かしてもらう&トイレへの最短経路を確保するのもオススメです。

 

ボーイング787-9(SS9Ⅱ/JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL SKYSUITEⅢ

SS9Ⅱでは、JAL初めてのヘリンボーンシートである「JAL SKY SUITEⅢ」が搭載。

「JAL SKY SUITE」の個室感とフルフラットシートを踏襲しながら、座席数の減少を極限まで回避したシートです。

1-2-1の横4配列で、シート幅は約51~52センチ、ベッド幅は最大約74センチ、ベッド長は最大約198センチです。

 

JAL SKYSUITEⅢ モニター

座席には17インチの大型テレビモニターが設置されており、機内エンタテイメントシステムには「SKY MANGA」に代表される電子書籍を含めたMAGIC-Vが用意されています。

ビジネスクラスには全ての座席にコンセントが設置されており、国際線機内Wi-Fiサービスも利用が可能です!

 

JAL SKY SUITEⅢの搭乗記

【搭乗記】JAL新機材ビジネスクラスSS9Ⅱ「JAL SKY SUITEⅢ」に乗ってきました

 

ボーイング767-300ER(SS6/JAL SKY SUITE Ⅱ)

ボーイング767-300ER(SS6JAL SKY SUITE Ⅱ)は、シート幅とベッド幅は最大約52cm、ベッド長は「JAL SKY SUITE」よりも大きい最大約200cmとなっています。

個人用モニタは15.4インチです。

SKY SUITEより個室感は劣りますが、窓側席(一人席)を利用するとほぼ隣の人は気になりません。

エアウィーヴとは違いますが、大きめのクッションが用意されており快適なフライトを約束してくれます。

 

JAL SKYSUITEⅡ 小物入れ

「SKY SUITEⅡ」では全席に設置されている小物入れの収納力はピカイチ♪

500ミリペットボトルはもちろん、携帯電話やパスポートなども簡単に入る収納力はとても便利です。

通路側に座席がある席(奇数列A席・D席・K席/偶数列G席)は肘掛が下にスライドする仕組みになっています。

就寝時は座席幅以上に広く寝る場所を確保できます。私のように横幅が広い方は座席が通路側に向いている席を利用することをお勧めします。

 

 

JALマニラ線のビジネスクラスはどのようなサービス?

JAL成田空港チェックインカウンター

JALマニラ線のビジネスクラスでは、どのようなサービスになるのでしょうか?

マニラ線は約5時間の短距離フライトに分類され、サービスは東南アジア路線(台湾など近距離戦)タイプでの提供です。

なお、JAL77便/JAL78便は機内泊の深夜便フライトですが、そのほかのフライト同様のサービスが提供されています。

 

機内の楽しみの一つ機内食は出発便によって異なります♪そしてアメニティは?

マニラ線では、成田・羽田発着ともにJAL専属スタッフによる機内食が提供されています。

成田・羽田発のメインディッシュは1ヶ月につき2回変更され、マニラ発のメインディシュは1ヶ月に1回変更されます。

こちらはマニラ発のビジネスクラス機内y側。最近海外発の機内食にも力を入れているとの事で、依然と比べると機内食のレベルは格段に上がっているのではないのでしょうか。

メインディシュは離陸後1時間前後で提供されます。

メインの機内食を頂いた後は、JALオリジナルアイスクリーム(ハーゲンダッツ)が頂けます。

デザート(ハーゲンダッツアイスクリーム)

短距離線は、機内食のメニューは高頻度で変更されていますので、出発前に公式HP:ビジネスクラスで確認は必須です!

 

 

出発前の快適空間は「JALサクララウンジ」を利用♪

成田空港 サクララウンジ

ビジネスクラス利用のお客様には、出発前に各空港のラウンジも利用が可能です!

成田空港・羽田空港ではJALが運営する「サクララウンジ」が利用可能です。

成田発便はラウンジ内が少々混み合いますが、羽田発便はゆったりと利用できる印象です。

羽田発便は日付も変わり深夜帯の出発なのでラウンジ内でシャワーや寝る体制を準備ししつつ、出発を待たれる事をお勧めします。

 

フィリピン・マニラ「ニノイ・アキノ国際空港」でも、JALサクララウンジが提供されています。

JALサクララウンジは2017年9月にリニューアルオープンした綺麗なラウンジですが、利用者がかなり多く混雑時は座席を探す事になるでしょう。

その時は、別のラウンジを利用する方が良いかもしれません。

 

マニラのサクララウンジを訪れた際の記事はこちら

【訪問記】マニラ空港JALサクララウンジがリニューアル!現地へ行ってきました♪

 

スポンサーリンク

 

まとめ:マニラを楽しむためにも快適なフライトのチョイスを♪

フィリピン・マニラ

今回はフィリピン・マニラ「ニノイ・アキノ国際空港」に投入されていますビジネスクラスを写真や経験からご紹介しました。

 

お仕事で利用される方も多くいらっしゃると思いますが、観光でも是非利用して頂き、異国情緒あふれるマニラの街並みを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

マニラへ出かける際の航空券は、日本航空 国際線航空券から購入できます。

また、ホテルやオプショナルツアーを併せて注文するならJALPAKのパッケージツアーで様々なプランが用意されています。

ぜひJAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅 での予約を検討してみは如何でしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
Yuji
普段は新幹線を通勤電車のように利用し、休みは飛行機で各地を飛び回る。 旅行記や旅行情報をお伝えするだけでなく、移動の苦を楽にするために様々なお得&便利情報をお伝えしていきます。⇒詳しいプロフィールはこちら
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Yujiのフライトログ , 2019 All Rights Reserved.